2006年05月30日

神戸の中華街で思ったこと

昨日は神戸にある中華街に行ってきました。
いつものように人が多くて、そして中国の豚まんや胡麻団子などをいろんなお店で売ってます。

ちょうどお腹も空きましたので、適当な店で豚まんを買いました。
その豚まんは味より見た目の方がよかったです(笑)。
主人はラーメンにしましたけど、二人食べながら歩いてました。
そのときに気付いたのは、中華街にいるときには歩きながら食べ物を食べても別に何とも思いませんが、
そこから道が一本違うと誰もこんなことをしてません。中華街は特別な雰囲気がしてますね。

私が子供の時、昼休み家でご飯を食べた後、学校に行く途中はよく果物などを食べながら行きました。
あの頃はそれを楽しみにしてましたよ♪
皮や種などが無いものならいいですが、あっても御構い無しで食べながら捨ててますね。
私はサトウキビが好きで、サトウキビの季節になるといつも食べながら糟をそのまま道に捨ててました(悪いことをしましたね)。

これはきっと日本で想像できない光景でしょうね!
食べながらゴミを捨てるのは私の子供の時にはそういうことしても大丈夫でしたが
今はこんなことをしてたらきっと批判されますけどね。

だから、正直、子供の頃の町は汚かったです、それは私達が汚しているからだね(笑)。
今になって考えてみたら本当に昔と比べたら町がすごく綺麗になっていると思います。

話を戻りますが、中華街で豚まんを食べたときにやはり故郷の味の方が美味しいなぁと思いました。
今度帰るときにたくさん食べよう・・・(笑)と思った私でした(笑)♪
posted by みんみん at 00:49| 兵庫 ☁| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

若い人はお洒落ですね!

今の季節は一年中で一番良い季節ですね♪
だからこの季節に結婚をする人も多いみたいですね!

神戸の人はコーヒーを飲むのが結構好きみたいです。
うちの主人はそうだったから、そう思います(笑)。

昨日、お昼頃にお茶を飲みに行ったときのことです。
隣に三人若い男の人が座ってました。
三人の服装はお洒落だったので、向うが気付かないように服装をチェックしました(笑)。
三人ともスーツです、スーツの形は若者向けの細めタイプです。
帽子もかぶって、髭は綺麗に長くも無く短くも無いように剃ってます。
靴は先が尖がっているような形です。

私は先が尖がってる靴があまり好きではないですが、
でもあの三人には本当にすごく似合ってましたよ。
最初見たときにこんなお洒落な格好で何をしに行くのかなぁ?
と他人のことを勝手に思ってました(笑)。

そして、よく見たらテーブルの上に綺麗な小さな風呂敷が置いてあります。
中身はきっとお祝い金で、これから結婚式に出席する予定だったなぁと思いました。
たまたま三人の会話も少し聞こえたので、自分の想像は間違ってなかったのが分りました♪
(↑他人のことをこんなに興味があるのとみなさんは思っているでしょうね・・・笑)。

私は日本の人の結婚式に日本で参加したことがないので、細かいところは知らないです。
いつもドラマや映画で見た女性は綺麗なドレスで、男性は黒のスーツと白のネクタイですね。
でも今回みた三人の男性はその格好ではなかったですが、お洒落でしたよ。

それを見て自分の服装と比べたら、本当に自分もおばさんになったなぁと思いました(苦笑)。
でも若くするのは外見だけではなく、気持ちも若くならないと駄目ですね(笑)!
posted by みんみん at 00:25| 兵庫 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

誕生日のこと

もうすぐ義理の妹の誕生日です。
誕生日プレゼントをまだ用意してないので、
今度の休みの日に買いに行こうと思ってます。
でも何を贈ってあげたらいいのかは結構悩みますね・・・。
やはり相手に喜んでもらえるものを贈りたいですね!

日本は誕生日プレゼントをもらったり贈ったりするのは普通ですね
子供の場合は「誕生会」もありますね、
友達を呼んで家でお母さんが手作りのケーキーを作ったり
本当に楽しい光景が想像できますね♪

中国のライフスタイルは日本と全然違います。
中国は夫婦共働きですので、日本の女性のようにケーキーを作ったり
子供の友達を呼んで家で誕生会を開くのは本当に少ないです。
でも、中国は子供が一歳の時、十歳になったときには
子供がこれから良い人生を歩くことができるようにという意味を含めて
親戚みんなが集まって誕生会をする場合があります。

多くの人は自分の誕生日には何かをもらえるから嬉しいですよね!
何よりも誰かが祝ってもらえる気持ちが嬉しいと思います♪
でも誕生日って自分の母がお腹が一番痛かった日ですよね。
本当は誕生日の日は自分の母親に感謝すべきですよね。
(↑どっかのテレビ番組で見ました、でも同感なので・・・笑)。
私は自分の母には本当に産んでくれて感謝してます。
これからもできるかぎり親孝行をしたいと思っていますね!
posted by みんみん at 00:43| 兵庫 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

喫茶店での出来事

昨日、主人と一緒にコーヒーを飲みに行った時のことです。

喫茶店で主人とお茶を飲んでいたときに、
斜め向こう側に一人の「女性」が座っていました。
「女性」というより本当は「男性」ですね。その男性は女性の服を着てました。
テレビではよく女装した男性を見るけど、生で見るのは初めてなので、
最初はやはり吃驚しました。男性は女性のように化粧もしてました。
正直に言ってやはり違和感がありましたね。

でも喫茶店にいる他のお客さんは私みたいに驚いてないような感じでした。
中国だったらきっとみんなの視線が集まってくると思います。
やはり日本の人と中国の人のこういう所を見る標準が違うなぁと思いました。

中国の人は周りの人が自分のことをどう見ているのかすごく気にする方だと思います。
でも日本の人はあまり気にしないみたいですよね、本人も周りの人も。
自分がしたいことは堂々としたら良いと思ってるんだと、私はそう思っています
(↑うまく表現できなくて、今書いてある内容は私個人の考えです)。

ですから、男性が女装して街を歩いてる姿は中国で私は見たことがないです。
でも日本は聞いた話によると結構いるみたいですね。
私はここで男性が女装することを非難するつもりがないです。
それを見てると日本は本当に自由な国だなぁと思いました。

話が別ですが、私は本当のニューハーフの方と一回会って見たいです。
ニューハーフの方はものすごく綺麗で女性より綺麗だと聞きました。
前勤めた会社の同僚が新婚旅行でタイに行った時に
ニューハーフの方と一緒の写真を見せてくれて、ものすごく綺麗でした。
だから本物の方に会いたいですね!(笑)
そして、どうやったらそんなに女性らしく綺麗になるか教えてもらいたいです♪
posted by みんみん at 21:13| 兵庫 ☁| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

お祝いの仕方の違い

先月の中旬ごろ、親戚の叔父さんが胃がんで手術を受けました。
入院中に私と主人がお見舞に行ってきました。
そして先日叔父さんが無事に退院しましたので、
今日はわざわざこの前のお礼を言いに来ました、
お返しの商品券まで持ってきてくれました。
実は私と主人はそんなにたいしたことがしてなかったので、
お返しなんか考えもしてなかったんです。
それは日本の人の礼儀でしょうねと思いました。

そう言えば、日本の結婚式の場合はお祝いを頂いたら引き出物とか
その半分か3分の一の金額に相当する品物をお返しする習慣がありますね。

中国の場合はお祝い金を頂いてからすぐお返しではなく、
いつかの機会で頂いた金額より少し多めにお返しをするのが普通です。

日本はお祝いごとに関してお祝いの内容によって
お祝い金を入れる袋もいろいろあって違いますよね。
例えば入学祝い、出産祝い、結婚祝いなどのお祝儀袋がいろいろですね。
でも、中国はほとんど赤い袋を使います違うのは赤い封筒の上に祝う言葉が違います。
どっちかというと日本の方は中国より細やかに分かれています。
そういう細かい習慣は中国と違うので、これからも少しずつ知った方がいいと思ってます。

それに、色々なお祝儀袋や前の結び方とかいろいろな工夫を見てると
綺麗なのや可愛いのがあって見てるだけでも楽しいなぁ♪と思いますね♪
posted by みんみん at 23:59| 兵庫 ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

お天気の話

私は毎日の天気予報に関しては昔から無関心でした(今でもそうです、笑)。
ですから、学校や仕事に行く時に出かけるときは良い天気で、
帰り頃は雨が降って、困ったときが多かったです(苦笑)。
小学校の時には親が迎えに来てくれるけど、中学校に入ったら、
学校から家まで遠いし、両親も仕事をしていたから、
迎えに来ることが出来ない場合が多いです。

最悪の時は濡れたままで帰ってくることもありました。
みんな傘を持って歩くのはあまり好きではないので、
一時的に折りたたみの傘がすごく人気がありました
(ここまで書いて、気がづいたのは今日は自分が書きたいことに遠くなってしまったので、話を戻しますね(笑)。

実は、日本に来て、義母は毎日の夕食のときに必ず天気予報を見るのですね、
特に台風の季節が来たら、台風の進路や風速などに関してはすごく気にしてます。
毎日一緒に見ているので、私も最近気象予報士の説明が段々分るようになりました。

そう言えば中国は大陸ですので、台風に関する説明は日本ほど詳しくないような記憶があります。
台風の風速は日本の場合は何キロと言いますが、中国の場合は台風の強さを「一級、二級・・・」と表現します。

日本の人はお天気に関して多分中国の人より気になる方ですから、
会話の中でもよく天気の話が出ますね♪
例えば「今日は天気がいいですね」「今日は寒いですね」「今日は暑いですね」など挨拶のときによく使いますね。

中国では日本ほど天気のことは話題になりませんね。
でも、日本の天気の話題は、話すことが何を話していいか分からないときに
すごく便利だなぁと思いました♪それだけでとりあえず話ができますよね(笑)♪
posted by みんみん at 00:56| 兵庫 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

母の日

今日は「母の日」です。
中国にいる母にはなにもしてあげれないですけど、
近くにいる主人のお母さんにプレゼントを渡しました
(ちょっと気が早いですけどね)。
気に入ってくれたみたいで、ちょっと嬉しかったです!

親にプレゼントをするときにはどんなものが良いのかは結構悩みます。
いつも「気持ちだけでいいから、お金を使わなくていいよ」といってくれますが、
子供としてはやはり形になるものをプレゼントしたいなぁと思っています。
一生懸命考えて選んだプレゼントを気に入ってくれたら本当に嬉しいですね!

話がかわりますが、今日ふっと思ったことがあります。
私の子供の時に毎日の食事はやはり家族揃って一緒に食べるのは普通でした。
今、日本で生活してて、家族揃って一緒に食事するのはほとんどないです。
毎日私と義母が先に食べて、その後主人と義父が帰ってきて食べます。

この辺はやはり生活習慣の違いで中国と違いますね。
日本の場合は、男の人が夜遅くまで仕事をして、その後に食事をしますね。
中国は女性も男性も同じように働いてますし、仕事が終わる時間もそんなに変わらないし、家で一緒に食事することができます。
私としてはやはり家族揃って一緒にお食事するのはいいなぁと思っています。
でもそれぞれの国の習慣もありますから、無理なときもありますね!

食事は少しでも多くの人が一緒に食べる方が美味しいと思いますね(笑)♪
posted by みんみん at 01:03| 兵庫 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

ちょっとした愚痴です

みなさん、こんばんは。この一週間、みなさんは充実した連休ができたみたいですね。本当によかったと思います。

私はこの一週間で実はとても辛かったです。
記事を書こうと思ってもなかなか思いつかなくて、本当にごめんなさい!

今回の辛いことはどこの国でもある「嫁姑の問題」です。
主人と結婚する前に人から色々な嫁姑の問題を聞きましたが
自分なら絶対うまく行くと自信があると思っていました。
でも、この一週間でそんな自信も崩れてしまいました。(苦笑)

私は結婚して主人の家に来て、性格はストレートですから、
誤解がないようになんでも正直に話してます。
でも、自分の気持ちはなかなか伝わらなくて、
かえって色々誤解をされてしまいました。
・・・・多分それは自分の失敗だと思っています。

正直であることが必ずしもいい結果を生まないのかなぁと思うと
なんかすごく悲しくなってしまって、上手に表現できませんが
落ち込んでいました。主人はいつも私の味方をしてくれますが
やっぱり辛い気持ちはなかなか自分で晴らせませんでした。

でも、皆さんの書き込みを読んで少し笑ったりして気持ちが救われました。
本当に優しい方々に出会えて私はまだまだ幸せだなぁと思います。
書き込みのお返事はまた明日に書きたいと思っています。

本当にありがとうございます。
posted by みんみん at 23:01| 兵庫 ☁| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

お料理の名前

毎日の食事のメニューを考えるのは大変ですよね、
今日は親子丼にしました。簡単ですぐできるから、楽ですね!

そう言えば最初親子丼ってなんでその名前になるのかなぁ?
と主人に聞いたら、鶏と卵は親子だから、なるほどと納得しました(笑)。
同じように鶏肉と牛肉なら他人だから、他人丼になりますよね。
こういうような名付けの方法は本当に面白いですね(笑)!

同じように、うどんの場合はお揚げとうどんの組み合わせはキツネうどんと言いますね。
お揚げと蕎麦の組み合わせはタヌキ蕎麦と言いますね(笑)。
動物の色で名前を付けたのでしょうね。
お寿司中のお稲荷ずしも同じように、お稲荷さんのことはキツネですから、お稲荷ずしと言うのですよね!

普通、料理は使っている食材の名前から料理の名前をつけますが、
上に書いてあるような名付け方はすごく面白く感じました。

中国は日本のように動物の名前から名付けした料理の名前は
あまり無いようなきがもします(あるかもしれませんけど)。
最近出た新しい料理にはよく面白い名前をつけてます、
例えばスッポンと鶏のスープ料理は「覇王別姫」と言います。
「覇王別姫」は中国の歴史の中で有名なお話です。
そしてスッポンと鶏の発音は覇王と姫の発音はほとんど同じですから、
それを借りて「覇王別姫」と名付けましたね。

中国は人の名前の料理は多いみたいですね、例えば「東坂肉」
(中国有名な詩人の蘇東坂の名前です、豚肉の角煮が好きでこの名前をつけました)、
「麻婆豆腐」(麻婆という人が作った豆腐料理です)は人の名前で料理名になってます。

料理の名付けはやはりその国の文化背景にも関係あるみたいですね。
中国と日本は生活習慣など違いますので、料理の名付け方法も違いみたいですね。
研究したものではないので、自分が思ったことを書いただけですけど(笑)!
posted by みんみん at 00:32| 兵庫 ☁| Comment(32) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

去年のゴールデンウィーク

もうゴールデンウィークの連休が入りましたね。
日本のある会社は10日間も休めれますね。

中国も今は7日間の大型連休中です。
こんなに長い連休になったのは近年のことです。
ゴールデンウィークのことは中国語で「黄金周」といいます。

実は5月1日は中国語で「国際労働節」と言いました。
昔はこの日だけが祝日になってました。
今は3日間は祝日で、他の4日間は2週間の土日の休みとの振り替えです。

最近みんな連休のときに旅行に出かける人が多くなって、
ニュースで見たら上海は連休中に30万人が旅行に出かける。
蘇州は観光地ですから、連休中の街はすごく混みます、とくに名所地など。
私は連休中に家でゆっくりしたいタイプですから、
今年はどこにも行く予定がありません♪

去年は義母の親戚の法事で四国の高松に行ってきました。
四国と言ったら、讃岐うどんが有名ですね。
高松の「山田屋」のうどんはものすごく美味しくて、印象的だったです。
山田屋のうどんは普通の讃岐うどんより柔らかくて、
うどんのつゆもすごく美味しいです。もう一回行きたいなぁと思ってます。

さすが山田屋のうどんが美味しいので、連休中はものすごく混んでました
待ち時間が大体1時間ぐらいでしたよ!普通の休みの日がいいかもしれませんね。

私は山田屋に行くまでは日本の讃岐うどんは堅いのであまり好きでは
ありませんでした。でも、この経験から今ではうどんが好きになってます(笑)。

こう考えるとちょっとのことで好きな食べ物嫌いな食べ物変わってしまう
ものですね!あ!私が単純なのかなぁ(大笑)!
posted by みんみん at 00:36| 兵庫 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

お葬式に行きました

最近、三日間は記事の更新をしてなかったのですね。
実は先日すぐ近くに住んでいる叔父さんが亡くなりました。
お通夜やお葬式などはちょっと忙しくて、疲れましたので、
記事の更新ができませんでした。

おじさんは明治に生まれて、戦争を経験して95歳でなくなりました。
おじさんの若い頃のことはあまり知らないですが、
きっと大変なこともたくさんあったでしょうね!
おじさんは95歳まで生きてらしたんです!本当に羨ましいと思っています。

私の中国の御祖父ちゃん御祖母ちゃんは
私の子供の頃に亡くなりましたので、はっきり覚えてないです。
だから中国のお葬式に関する知識などはあまりないです。
でも日本に来て2年間2ヶ月になりますが、お葬式は3回も経験しました。
亡くなったおじさん、おばさんたちはみんなそれぞれの宗教を持ってますので、お葬式の儀式もみんなそれぞれでした。
一般的にはお坊さんがお経を挙げてくれますが、宗教によってお経を挙げる人も違いますね。
ただし一つだけ私にとって同じなのはお経を上げてるときには何を読んでいるのかはさっぱり分りませんでした。

日本のお葬式は葬儀屋さんに頼んだら、全部してくれますので、かなり楽だと思います。
みんなでなくなった人お通夜の式や告別式に参加して、見送ってから、
最後は一緒に骨上げに行きますね(中国ではこの式はないと思います)。
骨上げの時には二人ずつお箸を持って骨を壷の中に入れます。
だから日本はお箸で相手からのおかずを直接受けるのは縁起が悪いという説はこの理由でお葬式に参加して分りました。

年を取っていくと結婚式に参加する回数よりお葬式の方が多くなるという人が多いですね。
悲しく思いますが、本当にそう思います・・・。
何回も経験していつか自分達でするときには少しでも知識があって勉強になるのかなぁとも思いました。
今回は受付もしてましたので、朝から夕方までだったので、やはり疲れましたね(苦笑)!

最後におじさんの冥福をお祈りします・・・。
posted by みんみん at 23:33| 兵庫 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アルク・オンラインショップ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。