2006年05月26日

誕生日のこと

もうすぐ義理の妹の誕生日です。
誕生日プレゼントをまだ用意してないので、
今度の休みの日に買いに行こうと思ってます。
でも何を贈ってあげたらいいのかは結構悩みますね・・・。
やはり相手に喜んでもらえるものを贈りたいですね!

日本は誕生日プレゼントをもらったり贈ったりするのは普通ですね
子供の場合は「誕生会」もありますね、
友達を呼んで家でお母さんが手作りのケーキーを作ったり
本当に楽しい光景が想像できますね♪

中国のライフスタイルは日本と全然違います。
中国は夫婦共働きですので、日本の女性のようにケーキーを作ったり
子供の友達を呼んで家で誕生会を開くのは本当に少ないです。
でも、中国は子供が一歳の時、十歳になったときには
子供がこれから良い人生を歩くことができるようにという意味を含めて
親戚みんなが集まって誕生会をする場合があります。

多くの人は自分の誕生日には何かをもらえるから嬉しいですよね!
何よりも誰かが祝ってもらえる気持ちが嬉しいと思います♪
でも誕生日って自分の母がお腹が一番痛かった日ですよね。
本当は誕生日の日は自分の母親に感謝すべきですよね。
(↑どっかのテレビ番組で見ました、でも同感なので・・・笑)。
私は自分の母には本当に産んでくれて感謝してます。
これからもできるかぎり親孝行をしたいと思っていますね!
posted by みんみん at 00:43| 兵庫 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みんみんさん♪こんばんは。

今日もぱぁぅのひねくれた性格の出たコメントになってしまうかもしれませんが、まあ、読んで下さい。笑。

ぱぁぅはプレゼントが嫌いです。笑。
いや、貰うのは大好きですよ。笑。
あげるのが嫌いなんです。
決してお金がかかるからイヤというわけではありません。
何が嫌かというと、何をあげたら本当に喜ばれるかを考えて探すのが本当に大変だからです。
相手の欲しい物をあらかじめリサーチしたりもするのですが、それがわかっていたらわかっていたで相手の欲しい物の中でも好みの種類を判断してなるべく相手が気に入るものを選びたいと思うとなかなか選べないので、時間ばかりかかります。何でも買ってあげられるほど予算もあるわけじゃないですしね。笑。
だからプレゼントは嫌いです。笑。

誕生会も嫌いでした。それは子供の頃の自分や友達の誕生会の思い出と関係があります。ぱぁぅの友人のひとりに両親揃って学校の教員をしているというお宅がありまして、そちらのお宅の誕生会に招かれたことがあります。
大きな広い客間にテーブルがずらりと並び、それを埋め尽くすように沢山の大皿でご馳走が並べられ、ケーキは大きなデコレーションケーキが切り分けられて、何十人も友達を呼んで祝う豪華なものでした。
他の友達の誕生会もそこまでいかなくても、お鮨が並んでいたり、誕生会用のご馳走というか、お店に頼んでそれ用に作らせたご馳走が並んでいて、呼ぶ人数も多かったような気がします。
ぱぁぅの親もぱぁぅの誕生日にはお返しに呼んでくれた方を呼びなさいと誕生会をしてくれるのですが、ぱぁぅの家庭は貧しいので(笑)、ご馳走はいつもの母の手料理のみ、ケーキはショートケーキを人数分、呼ぶ人もぱぁぅを呼んでくれた何人かだけという、普段友達が遊びに来てもてなすのに毛が生えたようなものでした。
なんかね、友人達の誕生会とあまりにレベルが違うので親には申し訳ないですが恥ずかしかったですね。
そういえば最後に出たデザートは母が作ってくれたフルーツポンチでしたっけ。笑。
それだって家にしたら贅沢してるんですが、よその家と比べるとお金の掛け方が違う。笑。
なんか、恥ずかしいし悲しかったなぁ。
親の気持ちは十分わかってはいるつもりでしたけどね。
Posted by ぱぁぅ♪ at 2006年05月28日 03:12
お誕生会って今でも結構あるんですね(>_<)
そういえば、我が家は共働きなので誕生会はやらなかったです。友達でやってる人がそういえば居たような。

しかし招待されても行かずに学童保育に行っていた記憶があります。
中国もそうだったのかあ、なんて思いました(^_^)v一歳と十歳というのは特別な意味があるんですか?故事とか由来とか…

親戚でお祝いというのもいいですね!日本だとあんまり考えられないので中国らしいと思いますー
Posted by huangmei xi at 2006年05月28日 04:39
みなさん、こんにちは〜
ちょっと最近ドタバタしてます。でもときどき見させて頂いてますよ。皆さんの記事やコメントを読むと本当にリフレッシュできます!!
Posted by おだふう at 2006年05月28日 17:38
こんばんは、ぱぁぅさん♪

ぱあぁぅさんの気持ちはすごく分ります。実は私も同じようなことをよく悩みますね。一生懸命に考えて選んだ品物が相手が喜んでたら、すごく嬉しいですし。気に入ってもらえなかったらどうしようといつも悩みますね(苦笑)。
私は子供の頃から誕生会や誕生日のプレゼントをもらったことがありませんので、自分の時にプレゼントしてもらったお返しのプレゼントは本当に難しくて何を送るか、どうしたら喜んでもらえるかを考えるのですが本当に難しいですね!
でも、本当に身近で仲のいい人なら相手が何を喜んでくれるのかは想像できるので苦しくないですけどね(笑)♪
Posted by みんみん at 2006年05月29日 00:51
こんばんは、huangmei xiさん♪

いつもコメントをありがとうございます。
お誕生日会は、ぱぁぅさんが書いてらっしゃるように、好きな人と好きでない人がいたりしますね。そして、家庭の事情でお誕生日会を経験してない方もいますね。

「一歳と十歳」は何か由来があると思うのですが、実は私も知りません、聞いたことがあるような気がしますが思い出せません、ごめんなさい。もし、思い出したらまた書きますので・・・。
Posted by みんみん at 2006年05月29日 00:58
こんばんは、おだふうさん♪

いろいろお忙しいのですね!それなのにコメントを下さって本当にありがとうございます!嬉しいです♪

ここに来てくださる人たちは本当に暖かくて私もいつもいつも元気つけてもらっています♪私は幸せだなぁと思っています♪

おだふうさんもお体に気をつけて頑張ってください!!
Posted by みんみん at 2006年05月29日 01:02
28日の夕方に読んだんだけど、なんか書くのが面倒になって書きませんでした。

理由は「私はプレゼントをあげるのも、貰うのも嫌」私も、ぱぁぅ♪さんと同じくお金がどうのと言う理由ではなく、プレゼントする相手の事を考えるのが面倒だし、貰うにしても「こんなの俺の趣味に合わね」と。

でもね。今になって書くのは十何年か前に貰った時計を思い出したからなんだ。友人が「良い物をプレゼントするよ!大切に使ってくれ。じゃあな」と私に渡された時には友人の姿は無し。なんだろうな?と箱を開けてみるとオメガの金時計。いわゆるドレスウォッチに分類される、スーツ或いはタキシードなどを着たときに使う時計なのね。まぁ、スーツにキティちゃんの時計でウケを狙うとか、ゴツイGショックを使うのも有りかも知れないが、スーツやタキシードを着ない俺に、こんな金時計は「合わない!」と考えなかったんだろうか?

「豚に真珠」とか、「猫に小判」なんだよね〜。


とりあえず時計は動いてる状態で保存してます。
Posted by うにょーん at 2006年05月29日 20:58
みなさん、こんばんは!

私もばぁぅ♪さんとまぁ・・・たく同じです。!誕生日会、すっごく嫌いでした。嫌な思いをしたことの方が多かったです。友達がみんなプレゼントを持ってきますけど、誰が何をプレゼントしたか、比べ合いになります。すごくいい物をプレゼントした人はすごく自慢気です。私も心を込めてプレゼントしたのに、他にももっと素敵なプレゼントがたくさんあるので、私のプレゼントなんてまったく気にも留めなかったりするんですよね。

それとか、呼ばれたと思って行ってみたら、実際はお呼ばれしてなくて、「なんであなたが来たの?」と追い返されそうになったところ、そこのお母さんが私を引き止めてくれましたこともありました。そして、泣きながら帰ったこともありました。オシャレして行ったのに、呼んでなかったからと、誰も私を相手にしてくれませんでしたね。子供って、そういうところ、結構残酷ですから。

また、小学生の時、人気者だった時は私の誕生日会でたくさん友達が来てくれましたけど、いじめられていた時は、呼んでも誰も来てくれなかったこともありました。母も仕事で忙しいのに、私の為にたくさんの人数分のシチューを作ってくれました。でも、2人しか来てくれなくて、いっぱい余ってしまって泣いてお母さんに謝ったことがありました。

先日、友人が結婚して(彼女は今、中国にいるのですが)、何をプレゼントしていいか分からず、何がほしいか聞きました。彼女の注文がすごく難しかったのですが、言われた通りの物を買ったのですが、私はどうしてもそれが好きになれません。それで結局、私が自分だったら結婚祝いに何がほしいか、と考えてまた別に2つ3つ買って、彼女がほしかった物と私が贈りたい物と両方郵送しました。プレゼントするのは難しいですね。
Posted by こたん at 2006年05月29日 23:04
こんばんは、うにょーんさん!

金時計のお話は理解できますね、私は実は金の製品とか金色のアクセサリーはあまり好きでは無いので(金の塊は好きかも・・・大笑)よりよく理解できます。本当に相手に喜んでもらえるプレゼントは難しいですよね!本当は物よりも相手の自分のことを考えてくれたことが何よりもうれしいのかもしれませんね!
Posted by みんみん at 2006年05月30日 00:30
こんばんは、こたんさん!

こたんさんのお誕生日会のお話は読みました。こう考えてみると私は最初は子供達は嬉しそうとしか思っていませんでしたが実は悲しい思いや辛い思いの元にもなってて複雑な気持ちです・・・。

本当にプレゼントは難しいですよね、自分の欲しいものと相手の欲しいものが一致するのはあまりないですものね・・・。
Posted by みんみん at 2006年05月30日 00:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18377394

この記事へのトラックバック
アルク・オンラインショップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。