2006年05月30日

神戸の中華街で思ったこと

昨日は神戸にある中華街に行ってきました。
いつものように人が多くて、そして中国の豚まんや胡麻団子などをいろんなお店で売ってます。

ちょうどお腹も空きましたので、適当な店で豚まんを買いました。
その豚まんは味より見た目の方がよかったです(笑)。
主人はラーメンにしましたけど、二人食べながら歩いてました。
そのときに気付いたのは、中華街にいるときには歩きながら食べ物を食べても別に何とも思いませんが、
そこから道が一本違うと誰もこんなことをしてません。中華街は特別な雰囲気がしてますね。

私が子供の時、昼休み家でご飯を食べた後、学校に行く途中はよく果物などを食べながら行きました。
あの頃はそれを楽しみにしてましたよ♪
皮や種などが無いものならいいですが、あっても御構い無しで食べながら捨ててますね。
私はサトウキビが好きで、サトウキビの季節になるといつも食べながら糟をそのまま道に捨ててました(悪いことをしましたね)。

これはきっと日本で想像できない光景でしょうね!
食べながらゴミを捨てるのは私の子供の時にはそういうことしても大丈夫でしたが
今はこんなことをしてたらきっと批判されますけどね。

だから、正直、子供の頃の町は汚かったです、それは私達が汚しているからだね(笑)。
今になって考えてみたら本当に昔と比べたら町がすごく綺麗になっていると思います。

話を戻りますが、中華街で豚まんを食べたときにやはり故郷の味の方が美味しいなぁと思いました。
今度帰るときにたくさん食べよう・・・(笑)と思った私でした(笑)♪
posted by みんみん at 00:49| 兵庫 ☁| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>今度帰るときにたくさん食べよう・・・(笑)と思った私でした(笑)♪

人間の味覚と言うのは、生まれてから8歳ぐらいまでに形成されてしまうのだとか。

なので、子供の頃に慣れ親しんだ味は一生忘れられないのでしょう。神戸の中華街と言えども日本国内に存在するのなら、日本人の味覚に合わせてあるのかも知れません。「ウチの店は本場の味だ。」そんな、お店でも蘇州の店の味と上海の店の(距離的には近いけど)味は違うんじゃないかと思ったりする(想像)。

やっぱり、一番美味しいのは母親の料理ではありませんか?


私が子供の頃に、お婆ちゃんに良く言われたのが「歩きながらモノを食べるんじゃない!」と。みっともない・カッコ悪い・食べ物に埃などが付くなどの理由で叱られましたね。そんなお婆ちゃんっ子だった私は今でもウォークマンを持っているものの、歩きながら音楽を聴くのが好きじゃないんですよね。

子供の頃に躾られた事は一生変わらないんだろうなぁ。
Posted by うにょーん at 2006年05月30日 21:09
またコメントを途中で消してしまいました。
しかも2度も……泣。
本場の味の豚まんが食べてみたいぞぉ〜!笑
今日はこの心からの切なる叫びだけで勘弁してください。笑
Posted by ぱぁぅ♪ at 2006年05月31日 00:17
こんばんは、うにょーんさん!
そうですよね!食べながら歩くのは本当にお行儀が悪いと言われていますね。最近は中国でも食べながら歩くのはお行儀が悪いと言われるようになりました。ソフトクリームとかは食べながら歩くと美味しいとちょっと思ってる私でした(笑)♪
私もうにょーんさんと同感です、子供の頃にしっかりと躾けられたらその子は大人になっても良い習慣を忘れないですね!
Posted by みんみん at 2006年05月31日 00:19
こんばんは、ぱぁぅさん!

今日は本当にお疲れ様でした!!また、ゆっくりいっぱい書いてくださいね♪最近ちょっとブログは重いですね・・・。

本場の豚まんはすごく素朴ですよ。肉汁がいっぱいでその肉汁をいっぱい出すために豚の皮を入れていますよ!肉汁が多いので慌てて食べると肉汁で火傷しますかもしれませんね(笑)♪いつかぱぁぅさんが食べるときは気をつけてくださいね♪
Posted by みんみん at 2006年05月31日 00:25
サトウキビおやつ話、新鮮でした(^O^)

みんみんさんの周りではメジャーなおやつだったんですか?

そう伺うのは、実は以前みたドラマでサトウキビを歩きながらバリバリ食べるのがトレードマークの登場人物がいて、気になっていたからです。

私も小さい頃、河原の花の蜜を友達と吸っていました。ツツジも花壇のをよく食べました。

私の周囲では普通だったんですが、変かも。たいてい不衛生だと怒られます。

歩き食いというか、野外食いか?行儀悪いですね。
Posted by huangmei xi at 2006年05月31日 08:12
みなさん、こんばんは!

いやいや、みんみんさんは、すごく遠慮して書かれています(南京街のこと)。私もいつだったか、夫と息子と一緒に行きました。そこでもちろん食べ歩き、やりました!でも、いっぱい許しがたい食べ物がありましたよ。

まず、一番許せなかったのが「ワンタンラーメン」。中に入っているのがワンタンだと思ったら、パクッと一口食べて口が驚きました。中に入ってたのは餃子でした!餃子の皮で作った”ワンタン”なんて、有り得なーい!

「どこが”ワンタンラーメン”やねーん!」

と叫びたくなりました(泣) 次に「蘭州ラーメン」、これも許せませんでした。中国の「ラーメン」は「拉面」と書き、要は引いて伸ばして作った麺のことなんです。それが、麺はしっかり日本の麺でした。

「ウソツキー!」

と叫びたくなりました。まだ許せたのは、四川ラーメンでした。スープは中国の調味料を使って、中国の味がしっかり出ていました。でも、やっぱりダメダメ!どうして日本の麺を使うのっ!このスープには、中国の麺じゃないと合わないのよぉ〜(号泣)

「スープと麺のハーモニーが無いぃ〜!」

と叫びたくなりました。

こういうの、私だけですか?
Posted by こたん at 2006年05月31日 23:22
はじめまして!
ブログ楽しく拝見させて頂きました。
大変楽しく読ませて頂きました。

最近、『ブログタイトル』のような面白いブログは、修正・加筆して電子書籍として販売するとヒットすることがよくあります。

そして、無料で登録できる電子書籍でヒットしたら、次はそれをそのまま商業出版化する、という流れも出てきています。

そこでお願いがあるのですが、商業出版のアシストもしているでじたる書房で、あなたのブログを販売してみませんか?

■TOP:http://www.digbook.jp/
■ライター登録ページ:http://www.digbook.jp/writers_site/
■ライター登録者数:1834人
■総書籍数:6374冊

ご登録、販売にあたり費用は一切無料です!
お待ちしております!
Posted by でじたる書房 at 2006年06月01日 10:04
>はじめまして!
>ブログ楽しく拝見させて頂きました。

なんだか、ぁゃιぃ。登録・販売が無料で利益も無料とか?


こたんさ〜ん!
>神戸の中華街と言えども日本国内に存在するのなら、
>日本人の味覚に合わせてあるのかも知れません。
良い言い方をするならば↑こんな感じ。

悪い言い方をするなら「餃子の皮とワンタンの皮の違いなんて、日本人には分からないだろう。それだったら、安い方の皮を使った方が儲かる」ってのが、作る側の本音であり楽できるからでしょうね。

中華街に限らず、庶民的な中華料理店で炒飯を注文すると、レンゲが添えられているのは日本の常識。でも、これって食べにくいんだよな。
レンゲで炒飯を食べるのは、(中国では)箸が使えない子供だけと考える私は間違ってますか?
Posted by うにょーん at 2006年06月01日 20:35
炒飯はご飯がパラパラに炒めてある方がおいしい。
パラパラのご飯は箸でつまむとパラパラ落ちてしまって、普通のご飯のようにひとかたまりではつまめない。
従っておいしい炒飯は箸では食べにくいと思われますよ、うにょ〜んさん。
ちなみにレンゲも厚みがあるので少ない量になると上手く掬うのが難しくなる。
勿体無いのでひと粒残らず食べたいぱぁぅはいつも最後に苦戦する。
結論。
炒飯はスプーンで食べましょう。笑笑。
Posted by ぱぁぅ♪ at 2006年06月02日 00:03
確かにご飯がパラパラに炒めてある炒飯が美味しいし、踊って楽しいのもパラパラだしぃ、ってちょっと違うか。

日本の炒飯は「皿」の上に盛られている。これが変なのではないかと。俺が思うに炒飯は皿に盛るのではなくて、日本の味噌汁の「お椀」みたいな形の器で良いのではないかなと思う。

皿に盛られた炒飯にレンゲじゃ食べにくい(食べづらい)。お椀のようなモノに炒飯が盛りつけてあったら、箸でも食べやすいです。

勿体ないから残らず食べる?
でも、中国じゃ失礼じゃ無かったと思うが。

スプーンで食べる炒飯。私も一票入れます。
Posted by うにょーん at 2006年06月02日 22:39
お椀の炒飯にレンゲなら食べやすいかもしれませんね。
お椀なら箸でも食べられる説は失礼ながらいささか疑問です。
皿からお椀に盛り替えても、パラパラなものはパラパラで箸つまむとパラパラと落ちてパラパラはパラパラでパラパラだからパラパラを……笑。
いや、結局パラパラなものは箸でつまみにくいのに変わりはないと思うのですが。
品を気にせず掻き込む食べ方をするなら食べやすいとは思いますが。

勿体無いと書いたのは、日本人風に(笑)「せっかく作ってくれたのに」「神様がせっかく与えてくださったのに」勿体無いのではなく、言葉どおりただぱぁぅが意地汚くて、「ひと粒でも食べたいのに残すなんて」勿体無いのです。
ですから、中国では失礼にあたらなくてもぱぁぅには勿体無いのです。笑。
というわけで、スプーンで食べるを支持していただいたからではないですが、炒飯をお椀に盛るを支持します。
ん?
てことは炒飯はお椀に盛ってスプーンで食べるのがよいと……結論が出ましたか?笑。
Posted by ぱぁぅ♪ at 2006年06月02日 23:25
huangmeixiさん、こんばんは。

コメントの返事が遅くなって、すみません。
サトウキビはね、私が生まれた四川省の内江市はサトウキビの産地ですので、そこのサトウキビはとても甘くて、美味しいですよ。今蘇州の実家ではなかなか食べられないですよ(笑)♪

Posted by みんみん at 2006年06月07日 21:56
こんばんは、こたんさん!

確かに神戸の中華街の味は日本人の口に合うように作ってありますよね。本当の中国の料理ではないですね。私にとっては物足りないですが、本当に中国の味にすると日本の人が食べられない味もきっとあるので仕方がないのかなぁと思っています(笑)。
Posted by みんみん at 2006年06月07日 23:11
こんばんは、はじめましてデジタル書房さん!

ブログへコメントをありがとうございます!
ところで私のブログは本になるような素晴らしいものではありませんので恥ずかしくて無理だと思っております。せっかくお誘いいただいたのに本当にごめんなさい。ありがとうございます。
Posted by みんみん at 2006年06月07日 23:15
こんばんは、うにょーんさん!ぱぁぅさん!

レンゲとチャーハンのお話で盛り上がっていますね(笑)!私が思うのは中国の人はレストランに行くとあまりチャーハンを頼まないような気がします、せっかく外食するのにチャーハンだともったいないと思ってると思いますよ。それに家で食べるとしても日本のように色々具が入ってるじゃなくて、卵と葱しか入ってないのが一般的だと思います。パラパラのチャーハンもしっとりのチャーハンも私は味が重要だと思います(笑)どっちでも美味しい方が私は好きです(大笑)♪そして、食べ方より美味しいかどうかばっかり気になってますね(大笑)♪
それから、レンゲは日本のレンゲと中国のレンゲでは形が少し違いますよ!中国のはもうちょっと薄くてスープ専用です。私は日本に来てラーメンにも日本のレンゲがついてるのを見てスープをお椀から直接飲まなくていいので飲みやすくてお上品にできるわ♪と思いましたが結局麺を食べるときに音がでるからそうでもなかったですね(笑)。
Posted by みんみん at 2006年06月07日 23:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
アルク・オンラインショップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。