2006年08月26日

ニュースを見て思ったこと

先日テレビで事務用のシュレッターで二歳の女の子の指を切断されたニュースを見ました。
怪我した女の子の母親がシュレッターのメーカに
「今後こういう事故を起こさないように」と言ってましたが、
私は自分の責任もあるのではないかと思いました。
こういう事故を起こしそうなものは子供の手が届かないところに置いたりしたら、
今回みたいな事故も起こさないと思いますね。

その母親はまるで自分の責任がなく、会社が安全ではないものを作って販売したみたいな言い方をしてましたので、理解できなかったです。
だって、日常生活の中では安全のように見えても危険性があるものって沢山あります。
例えば、不注意でガラスを割ってしまって、
そのガラスの破片が動脈かどっかで刺さってしまって、命に関わってくる場合も想像できますよね。
それがガラス製品が丈夫じゃないとは言えないでしょうね。
もちろんこれはすごく極端な例えですね!

機械などはもちろん安全性がすごく重要ですが、注意したら事故をさけれる場合は自分で注意すべきだと思います。
それでも製造会社のせいにするのは本当に理解できなかったです。

保護者がちゃんと子供のことを見るのが一番大事で責任も一番だと私は思います。
何かあったときに他人のせいにするのは私は好きではありませんし、
そんな親を見て育ったら子供もそうなるんじゃないかなと思いますね・・・。
posted by みんみん at 21:20| 兵庫 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!
私もそう思います。最近の人は、何か問題が起きると、すべて人のせいにしようとしますね。これは本当に良くないことだと思います。自分はそうならないように気をつけたいと思います。

ところで、変なコメントが入っているので、あれは削除しておいたらいいと思いますよ。(おせっかいですか?)
Posted by こたん at 2006年08月26日 21:39
何か問題が起きると人のせいにしようとするのは、アメリカの有名な都市伝説である「電子レンジ猫訴訟」が起源ではないかな?或いは、「マクドナルドコーヒー訴訟」があるよね。マクドナルドでコーヒーを買った老婦人が、カップのふたを開けようとして、誤って中身をこぼしてやけどを負ってしまったのを「コーヒーが熱すぎたからだ」と訴えて、多額の賠償金をせしめたというもの。最初は286万ドルだったらしいが減額され64万ドルになったそうだ(ニューメキシコ州のアルバカーキで本当にあった話)。


ねぇ。電子レンジ猫にしても、マクドナルドのコーヒー訴訟にしても、どちらも「そんなの常識だろ?」って思わないかい?
濡れた猫を電子レンジに入れるのは変だ!とかコーヒーは熱くて当たり前。割れたガラスの破片が動脈かどっかに刺さってしまって命に関わるなんてのも当然だろう!と言いたい。

全てを人のせいにするのは常識が無い人だと思う。


>変なコメント
削除してくれ。
Posted by うにょーん at 2006年08月28日 21:39
裁判で支払われる賠償金は
われわれの納めている税金から
出ているわけだから、とんでもない訴えで
勝訴しちゃうのは納得できないね。

そのうちもしかしたら
「あんなくだらない訴えした人に
多額の金払うなんて、毎日こつこつ働いて
税金納めてるわれわれに対する侮辱だ!
心が傷ついた!裁判所を訴えてやる!」
なんて人も出てきたりしてね。

それで勝訴してお金持ちになったなんてことに
なったらちょっとした笑い話だね。
Posted by さすらいびと at 2006年08月29日 01:07
さすらいびと様。教えて下さいませ。

賠償金とは、例えば、さすらいびと様の権利を侵害し損害を与えた私(うにょーんですね)が、損害を受けたさすらいびと様に対してその損害の埋め合わせをし、損害がなかったのと同様の状態にすることだと思ってました。

なので、自分で賠償するもんだと思ってましたが。

頭の悪い、うにょーんに税金で支払われる賠償金について教えてくださいませ。
Posted by うにょーん at 2006年08月29日 21:49
公的機関からは税金
Posted by ssr at 2006年08月30日 01:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
アルク・オンラインショップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。