2005年11月23日

越劇って知ってますか?

私は小さい頃から両親の影響で越劇(中国浙江省の地方劇)が好きです。

この地方劇は色々な流派があって、聞くと川の流れのような、なめらかさがあります。
中国は色々な地方劇がありますが、地方劇の中に使ってる言葉は当然地方の方言を使ってます。

越劇は浙江省の紹興という場所の方言を使ってますので、紹興劇とも言えます。
因みに日本でも有名な中国のお酒「紹興酒」は紹興の名産物ですよ。
越劇は他の地方劇と大きな違うところはすべて女の役者を演じてます。
日本の宝塚みたいに、男の役も女性が演じてます。

越劇の中にたくさんの有名な作品があります、この前に書いた「紅楼夢」もそうですが、
もう一つ中国の「ロミオとジュリエット」と呼ばれる「梁山伯与祝英台」も有名です。

ストーリの粗筋は:
中国古代の女性は勉強する必要がないと言われてます、
ストーリの主人公祝英台は地主のお嬢さんで、とても賢くて、
どうしても勉強したくて、父親を説得して男装を装って、今の杭州まで勉強に行きました。
そこで梁山伯と出会って、三年間自分は女性ということを隠して、
お互いに兄弟のように仲良くしました。
ところで、祝英台の実家から「帰ってきて」と言う連絡があって、
実家に帰る前に梁山伯のことが好きという気持ちを先生の奥さんに伝えました。
もちろん梁山伯は奥さんから聞いて、嬉しくて祝英台の実家に結婚の申し込みに行ったとき、
祝英台はすでに自分の父親の意思で他の人と婚約していました(古代の女性は結婚相手を自分で選ぶことができないです)。
あまりの悲しさで梁山伯は病気で倒れて、結局治らず亡くなりました。
祝英台は自分の結婚式当日梁山伯のお墓参りに行って、
突然お墓が真ん中から割れて、祝英台は思わず中へ飛び込んでしまいました。
その後にお墓から二つの綺麗な蝶々が出てきて、
それは二人の化身だという物語です。

私はこの物語はもう何回見たかは覚えてないです。
本当にもう自分でも歌えるぐらい詳しくても、何回見ても飽きないです。
もし機会があれば、是非一度見てください。
posted by みんみん at 23:18| 兵庫 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
梁山伯与祝英台、蘇州で何度もテレビで見ました。越劇もあれば、ドラマになってるのもありました。
アニメでも見たことあります。蝶が出てくるとき、周りの木や草にも花が咲いて、綺麗でしたー。
あの歌は皆さん好きみたいですね。
一度、上海へ行く列車の中で、車内放送でかかっていた時、お客さんたちがたくさん口ずさんでいました。
うちの義母もテレビを見ながら歌ってますよ(^^)。
Posted by りんすー at 2005年11月24日 20:19
こんばんは!
実は私はこのお話、初めて聞きました。でも、夫のおばあさんが紹興人なので、きっと何かの機会に見ることがあると思います。今度蘇州に帰った時、注意して見てみます。どこかのテレビ番組でやってるかな?
Posted by こたん at 2005年11月24日 23:45
こんばんは、りんすーさん!
越劇は蘇州、上海辺りにはにはかなり人気がある
地方劇ですよね、越劇のファンもたくさんいますよね、りんすーさんのお義母さんもきっとその中のお一人なんでしょうね♪
りんすーさんも梁山伯与祝英台をご存知ですごく嬉しいです!
Posted by みんみん at 2005年11月25日 00:53
こんばんは、こたんさん!
このお話はこたんさんは初めて聞かれたんですね、こたんさんのご主人様はきっと知っていらっしゃると思います。
今度、こたんさんが中国に帰られた時にDVDを探してみてください、きっとありますから。
機会がありましたら是非観てください。
Posted by みんみん at 2005年11月25日 01:06
こんにちは。初めてお邪魔します。
越劇で検索しこちらのブログを拝見しました。
私は越劇が大好きなので、とても楽しく読ませて
頂きました。
Posted by huangmei_xi at 2006年04月10日 23:21
初めまして!みんみんです!コメントを書いてくださってありがとうございます♪

huangmei xiさんも越劇が好きですよね!どんなきっかけで好きになったのですか?中国の地方劇ですから言葉も方言ですから外国の方にとってはすごく難しいと思いますから、huangmei xiさんが越劇が好きだと言ってくださってすごく嬉しいです♪
よかったらこれからも仲良くしてくださいね♪
Posted by みんみん at 2006年04月11日 00:36
こちらこそよろしくお願いします(^^;
いつも拝見させて頂いていましたが、思い切ってコメントしてみて良かったです。

私が越劇を好きになったのは紅楼夢にはまったせいです。紅楼夢つながりで初めて越劇を見て好きになり、他の演目も見るようになって今に至ります。

みんみんさんは、越劇の言葉はおわかりになるんですか?越劇は<山乗>州語だ、いや上海語だ、などと聞きますが、北京語や普通話もできない自分にはほぼわかりません。字幕やシナリオ本が頼りなんです・・良かったら、私のブログは越劇についてなので、覗いてみてくださいね。

http://blogs.yahoo.co.jp/huangmei_xi
Posted by huangmei xi at 2006年04月12日 01:19
huangmei xiさん、こんばんは!

huangmei xiさんのブログを拝見致しました。中国の越劇のことをとても詳しく書いてあります。本当に本当に心から敬服します。

私自身、ものすごく勉強になりました!これからもこれをご縁に中国の地方劇についてお話ができれば嬉しいです♪

そうですね、越劇の言葉は蘇州、上海地方の言葉と違いますけど、似てるところもありますので、そのお陰で越劇の言葉は分かりますね。
Posted by みんみん at 2006年04月12日 22:14
コメントが失敗したようなので再度書き込みます・・(申し訳ありません。)

やはり上海の言葉とも少し違うんですね。最初はてっきり上海語だと勘違いしていました。でも言葉がおわかりになるのだけで羨ましいです!

地方劇は、他だと黄梅戯も好きです(^^;
みんみんさんは、越劇ではどの演目がお奨めですか?いろいろ見たいので良かったら教えてください。個人的には最近見た「碧玉簪」が好きです。
Posted by huangmei xi at 2006年04月14日 00:36
こんばんは、huangmei xi さん!

本当にいつもコメントを下さって、ありがとうございます。

そうですね、黄梅戯も聞きやすいから、女優さんたちの声がとても綺麗で私も好きですね、でも越劇ほどはないですけどね(笑)!

私が好きな越劇の演目はhuangmei xi さんもご存知の趙志剛が出演した「浪蕩子」です。特にその中の「口又 鐘点」が好きですよ。もしそれが日本で見つけましたら、是非聞いてください。あとは徐玉蘭と王文娟の「追魚」もいいですよ。あ、そうだ「王老虎qiang親」(漢字が出なくて、ごめんなさい)も面白いですよ。
これから越劇の話を沢山しましょうね!日本で同じ越劇が好きな方と知り合って、すごく嬉しくと思っています。よろしくお願いします。
Posted by みんみん at 2006年04月14日 21:28
こんばんは。こちらこそ越劇でお話できる方がいらして良かったです〜。

黄梅戯は普通話で中国のどの地域の人でも理解しやすいと聞きますが、そうなんですか?私は黄梅戯はたまに唄が日本の演歌に似ていると思います。唄だけなら越劇の方が好きかな。

「追魚」は知っているので、まずこれから見てみようかな、と思いました。「王老虎qiang親」「浪蕩子」はどんなお話ですか?簡単な筋とお奨めポイントなど教えて頂けると嬉しいです(^^;

私の方でも越劇トークを楽しみにさせて頂いています。
よろしくお願いします♪
Posted by hunagmei xi at 2006年04月15日 19:12
こんばんは、hunagmei xi さん!

「追魚」の話ですね、お金持ちのお嬢さんと婚約した貧しい秀才と鯉魚精(鯉妖怪のこと)の恋愛物語です。お金持ちのお嬢さんは秀才のことが好きではなく、お嬢さんは嫌貧愛富の人です。ですから、秀才は状元にならないと駄目です。秀才は毎日勉強している書斎の前に池があって、そこに住んでいる鯉妖怪がいて、鯉妖怪が秀才のことが好きになって、婚約したお嬢さんの姿に変身して人間の姿で秀才と付き合ってました。でも嘘がばれた時に鯉妖怪が観音様にお願いして鱗三枚抜かれて、人間になって秀才と幸せに暮らすことにしました。本当は鯉妖怪がもう少しで仙人になれますが、それを放棄して好きな人と一緒に暮らしたい話です。
「浪蕩子」は現代劇です、時代の背景は中国の20世紀30年代戦争のときのお話です。幸せな家庭を持つ青年は不良になって、家族を捨てて結局最後は一人ぼっちになった悲しいお話です。

説明はあまり上手じゃないと思いますが、もしVCDがありましたら、見てくださいね!
Posted by みんみん at 2006年04月15日 23:24
「追魚」さっそくDVDを見つけ頼みました。魚の妖精?が出てくる話だとは知っていましたが、なかなか面白そうですね(^^;

「浪蕩子」は持っている越劇のシナリオ本に粗筋が出ていました。悲しいお話ですね。「追魚」の後にでも、見てみようかなと思います。

みんみんさんも、良かったらうちのブログにコメントしてみて下さい!(いきなりで、すみません・・)内容的にあんまりコメントが寄せられないので、感想だけでも頂けると在り難いです。

この間は「玉簪記」を見ました。私は越劇女優だと銭恵麗さんが好きです。みんみんさんはどなたか好きな俳優さんはいますか??
Posted by hunagmei xi at 2006年04月16日 23:56
私も越劇が大好きです。大学時代越劇の部活をやっていました。日本に留学に来てから、練習の場所と相手がないので、やめるしかないにしました。でもずっと映像とかその音楽を聞いています。私は王流の紅楼夢と追魚が大好きで、傅派の梁祝も好きです。最近袁派の莺莺という役が好きになって、その中の「琴心」を習い始めました。ずっと日本で有志を探していますが、今日このブロークを見て、嬉しくてついにコメントしました。これからよろしくお願いします。もし都合がよろしければ、みんなと友達になりたいです。メールアトレス:chenhuihui@i.softbank.jp
Posted by 慧ちゃん at 2014年01月05日 14:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
アルク・オンラインショップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。