2006年05月22日

喫茶店での出来事

昨日、主人と一緒にコーヒーを飲みに行った時のことです。

喫茶店で主人とお茶を飲んでいたときに、
斜め向こう側に一人の「女性」が座っていました。
「女性」というより本当は「男性」ですね。その男性は女性の服を着てました。
テレビではよく女装した男性を見るけど、生で見るのは初めてなので、
最初はやはり吃驚しました。男性は女性のように化粧もしてました。
正直に言ってやはり違和感がありましたね。

でも喫茶店にいる他のお客さんは私みたいに驚いてないような感じでした。
中国だったらきっとみんなの視線が集まってくると思います。
やはり日本の人と中国の人のこういう所を見る標準が違うなぁと思いました。

中国の人は周りの人が自分のことをどう見ているのかすごく気にする方だと思います。
でも日本の人はあまり気にしないみたいですよね、本人も周りの人も。
自分がしたいことは堂々としたら良いと思ってるんだと、私はそう思っています
(↑うまく表現できなくて、今書いてある内容は私個人の考えです)。

ですから、男性が女装して街を歩いてる姿は中国で私は見たことがないです。
でも日本は聞いた話によると結構いるみたいですね。
私はここで男性が女装することを非難するつもりがないです。
それを見てると日本は本当に自由な国だなぁと思いました。

話が別ですが、私は本当のニューハーフの方と一回会って見たいです。
ニューハーフの方はものすごく綺麗で女性より綺麗だと聞きました。
前勤めた会社の同僚が新婚旅行でタイに行った時に
ニューハーフの方と一緒の写真を見せてくれて、ものすごく綺麗でした。
だから本物の方に会いたいですね!(笑)
そして、どうやったらそんなに女性らしく綺麗になるか教えてもらいたいです♪
posted by みんみん at 21:13| 兵庫 ☁| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

お祝いの仕方の違い

先月の中旬ごろ、親戚の叔父さんが胃がんで手術を受けました。
入院中に私と主人がお見舞に行ってきました。
そして先日叔父さんが無事に退院しましたので、
今日はわざわざこの前のお礼を言いに来ました、
お返しの商品券まで持ってきてくれました。
実は私と主人はそんなにたいしたことがしてなかったので、
お返しなんか考えもしてなかったんです。
それは日本の人の礼儀でしょうねと思いました。

そう言えば、日本の結婚式の場合はお祝いを頂いたら引き出物とか
その半分か3分の一の金額に相当する品物をお返しする習慣がありますね。

中国の場合はお祝い金を頂いてからすぐお返しではなく、
いつかの機会で頂いた金額より少し多めにお返しをするのが普通です。

日本はお祝いごとに関してお祝いの内容によって
お祝い金を入れる袋もいろいろあって違いますよね。
例えば入学祝い、出産祝い、結婚祝いなどのお祝儀袋がいろいろですね。
でも、中国はほとんど赤い袋を使います違うのは赤い封筒の上に祝う言葉が違います。
どっちかというと日本の方は中国より細やかに分かれています。
そういう細かい習慣は中国と違うので、これからも少しずつ知った方がいいと思ってます。

それに、色々なお祝儀袋や前の結び方とかいろいろな工夫を見てると
綺麗なのや可愛いのがあって見てるだけでも楽しいなぁ♪と思いますね♪
posted by みんみん at 23:59| 兵庫 ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

お天気の話

私は毎日の天気予報に関しては昔から無関心でした(今でもそうです、笑)。
ですから、学校や仕事に行く時に出かけるときは良い天気で、
帰り頃は雨が降って、困ったときが多かったです(苦笑)。
小学校の時には親が迎えに来てくれるけど、中学校に入ったら、
学校から家まで遠いし、両親も仕事をしていたから、
迎えに来ることが出来ない場合が多いです。

最悪の時は濡れたままで帰ってくることもありました。
みんな傘を持って歩くのはあまり好きではないので、
一時的に折りたたみの傘がすごく人気がありました
(ここまで書いて、気がづいたのは今日は自分が書きたいことに遠くなってしまったので、話を戻しますね(笑)。

実は、日本に来て、義母は毎日の夕食のときに必ず天気予報を見るのですね、
特に台風の季節が来たら、台風の進路や風速などに関してはすごく気にしてます。
毎日一緒に見ているので、私も最近気象予報士の説明が段々分るようになりました。

そう言えば中国は大陸ですので、台風に関する説明は日本ほど詳しくないような記憶があります。
台風の風速は日本の場合は何キロと言いますが、中国の場合は台風の強さを「一級、二級・・・」と表現します。

日本の人はお天気に関して多分中国の人より気になる方ですから、
会話の中でもよく天気の話が出ますね♪
例えば「今日は天気がいいですね」「今日は寒いですね」「今日は暑いですね」など挨拶のときによく使いますね。

中国では日本ほど天気のことは話題になりませんね。
でも、日本の天気の話題は、話すことが何を話していいか分からないときに
すごく便利だなぁと思いました♪それだけでとりあえず話ができますよね(笑)♪
posted by みんみん at 00:56| 兵庫 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

母の日

今日は「母の日」です。
中国にいる母にはなにもしてあげれないですけど、
近くにいる主人のお母さんにプレゼントを渡しました
(ちょっと気が早いですけどね)。
気に入ってくれたみたいで、ちょっと嬉しかったです!

親にプレゼントをするときにはどんなものが良いのかは結構悩みます。
いつも「気持ちだけでいいから、お金を使わなくていいよ」といってくれますが、
子供としてはやはり形になるものをプレゼントしたいなぁと思っています。
一生懸命考えて選んだプレゼントを気に入ってくれたら本当に嬉しいですね!

話がかわりますが、今日ふっと思ったことがあります。
私の子供の時に毎日の食事はやはり家族揃って一緒に食べるのは普通でした。
今、日本で生活してて、家族揃って一緒に食事するのはほとんどないです。
毎日私と義母が先に食べて、その後主人と義父が帰ってきて食べます。

この辺はやはり生活習慣の違いで中国と違いますね。
日本の場合は、男の人が夜遅くまで仕事をして、その後に食事をしますね。
中国は女性も男性も同じように働いてますし、仕事が終わる時間もそんなに変わらないし、家で一緒に食事することができます。
私としてはやはり家族揃って一緒にお食事するのはいいなぁと思っています。
でもそれぞれの国の習慣もありますから、無理なときもありますね!

食事は少しでも多くの人が一緒に食べる方が美味しいと思いますね(笑)♪
posted by みんみん at 01:03| 兵庫 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

ちょっとした愚痴です

みなさん、こんばんは。この一週間、みなさんは充実した連休ができたみたいですね。本当によかったと思います。

私はこの一週間で実はとても辛かったです。
記事を書こうと思ってもなかなか思いつかなくて、本当にごめんなさい!

今回の辛いことはどこの国でもある「嫁姑の問題」です。
主人と結婚する前に人から色々な嫁姑の問題を聞きましたが
自分なら絶対うまく行くと自信があると思っていました。
でも、この一週間でそんな自信も崩れてしまいました。(苦笑)

私は結婚して主人の家に来て、性格はストレートですから、
誤解がないようになんでも正直に話してます。
でも、自分の気持ちはなかなか伝わらなくて、
かえって色々誤解をされてしまいました。
・・・・多分それは自分の失敗だと思っています。

正直であることが必ずしもいい結果を生まないのかなぁと思うと
なんかすごく悲しくなってしまって、上手に表現できませんが
落ち込んでいました。主人はいつも私の味方をしてくれますが
やっぱり辛い気持ちはなかなか自分で晴らせませんでした。

でも、皆さんの書き込みを読んで少し笑ったりして気持ちが救われました。
本当に優しい方々に出会えて私はまだまだ幸せだなぁと思います。
書き込みのお返事はまた明日に書きたいと思っています。

本当にありがとうございます。
posted by みんみん at 23:01| 兵庫 ☁| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

お料理の名前

毎日の食事のメニューを考えるのは大変ですよね、
今日は親子丼にしました。簡単ですぐできるから、楽ですね!

そう言えば最初親子丼ってなんでその名前になるのかなぁ?
と主人に聞いたら、鶏と卵は親子だから、なるほどと納得しました(笑)。
同じように鶏肉と牛肉なら他人だから、他人丼になりますよね。
こういうような名付けの方法は本当に面白いですね(笑)!

同じように、うどんの場合はお揚げとうどんの組み合わせはキツネうどんと言いますね。
お揚げと蕎麦の組み合わせはタヌキ蕎麦と言いますね(笑)。
動物の色で名前を付けたのでしょうね。
お寿司中のお稲荷ずしも同じように、お稲荷さんのことはキツネですから、お稲荷ずしと言うのですよね!

普通、料理は使っている食材の名前から料理の名前をつけますが、
上に書いてあるような名付け方はすごく面白く感じました。

中国は日本のように動物の名前から名付けした料理の名前は
あまり無いようなきがもします(あるかもしれませんけど)。
最近出た新しい料理にはよく面白い名前をつけてます、
例えばスッポンと鶏のスープ料理は「覇王別姫」と言います。
「覇王別姫」は中国の歴史の中で有名なお話です。
そしてスッポンと鶏の発音は覇王と姫の発音はほとんど同じですから、
それを借りて「覇王別姫」と名付けましたね。

中国は人の名前の料理は多いみたいですね、例えば「東坂肉」
(中国有名な詩人の蘇東坂の名前です、豚肉の角煮が好きでこの名前をつけました)、
「麻婆豆腐」(麻婆という人が作った豆腐料理です)は人の名前で料理名になってます。

料理の名付けはやはりその国の文化背景にも関係あるみたいですね。
中国と日本は生活習慣など違いますので、料理の名付け方法も違いみたいですね。
研究したものではないので、自分が思ったことを書いただけですけど(笑)!
posted by みんみん at 00:32| 兵庫 ☁| Comment(32) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

去年のゴールデンウィーク

もうゴールデンウィークの連休が入りましたね。
日本のある会社は10日間も休めれますね。

中国も今は7日間の大型連休中です。
こんなに長い連休になったのは近年のことです。
ゴールデンウィークのことは中国語で「黄金周」といいます。

実は5月1日は中国語で「国際労働節」と言いました。
昔はこの日だけが祝日になってました。
今は3日間は祝日で、他の4日間は2週間の土日の休みとの振り替えです。

最近みんな連休のときに旅行に出かける人が多くなって、
ニュースで見たら上海は連休中に30万人が旅行に出かける。
蘇州は観光地ですから、連休中の街はすごく混みます、とくに名所地など。
私は連休中に家でゆっくりしたいタイプですから、
今年はどこにも行く予定がありません♪

去年は義母の親戚の法事で四国の高松に行ってきました。
四国と言ったら、讃岐うどんが有名ですね。
高松の「山田屋」のうどんはものすごく美味しくて、印象的だったです。
山田屋のうどんは普通の讃岐うどんより柔らかくて、
うどんのつゆもすごく美味しいです。もう一回行きたいなぁと思ってます。

さすが山田屋のうどんが美味しいので、連休中はものすごく混んでました
待ち時間が大体1時間ぐらいでしたよ!普通の休みの日がいいかもしれませんね。

私は山田屋に行くまでは日本の讃岐うどんは堅いのであまり好きでは
ありませんでした。でも、この経験から今ではうどんが好きになってます(笑)。

こう考えるとちょっとのことで好きな食べ物嫌いな食べ物変わってしまう
ものですね!あ!私が単純なのかなぁ(大笑)!
posted by みんみん at 00:36| 兵庫 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

お葬式に行きました

最近、三日間は記事の更新をしてなかったのですね。
実は先日すぐ近くに住んでいる叔父さんが亡くなりました。
お通夜やお葬式などはちょっと忙しくて、疲れましたので、
記事の更新ができませんでした。

おじさんは明治に生まれて、戦争を経験して95歳でなくなりました。
おじさんの若い頃のことはあまり知らないですが、
きっと大変なこともたくさんあったでしょうね!
おじさんは95歳まで生きてらしたんです!本当に羨ましいと思っています。

私の中国の御祖父ちゃん御祖母ちゃんは
私の子供の頃に亡くなりましたので、はっきり覚えてないです。
だから中国のお葬式に関する知識などはあまりないです。
でも日本に来て2年間2ヶ月になりますが、お葬式は3回も経験しました。
亡くなったおじさん、おばさんたちはみんなそれぞれの宗教を持ってますので、お葬式の儀式もみんなそれぞれでした。
一般的にはお坊さんがお経を挙げてくれますが、宗教によってお経を挙げる人も違いますね。
ただし一つだけ私にとって同じなのはお経を上げてるときには何を読んでいるのかはさっぱり分りませんでした。

日本のお葬式は葬儀屋さんに頼んだら、全部してくれますので、かなり楽だと思います。
みんなでなくなった人お通夜の式や告別式に参加して、見送ってから、
最後は一緒に骨上げに行きますね(中国ではこの式はないと思います)。
骨上げの時には二人ずつお箸を持って骨を壷の中に入れます。
だから日本はお箸で相手からのおかずを直接受けるのは縁起が悪いという説はこの理由でお葬式に参加して分りました。

年を取っていくと結婚式に参加する回数よりお葬式の方が多くなるという人が多いですね。
悲しく思いますが、本当にそう思います・・・。
何回も経験していつか自分達でするときには少しでも知識があって勉強になるのかなぁとも思いました。
今回は受付もしてましたので、朝から夕方までだったので、やはり疲れましたね(苦笑)!

最後におじさんの冥福をお祈りします・・・。
posted by みんみん at 23:33| 兵庫 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

子供とお菓子♪

最近記事の更新が遅れて、みなさん本当にすみません!

今日は姪達が家に勉強しにきました。来たのが約束時間より早かったので、
「ジュースを飲んで少し待っててね」と言ってジュースを渡しました。
子供がそのときにすごく嬉しそうな顔をしてて(笑)
なんか勉強のために「ガソリン」を入れたみたいです(大笑)!
もちろん勉強のあとにはお菓子も用意しました。
子供が勉強後のお菓子をいつも楽しみにしているそうで
それを見ると子供って本当に単純で可愛いですね(笑)♪

お菓子のことで思い出すのは・・・
私が子供のとき、両親はいつもお菓子を買ってくれててアルミのお菓子入れの缶の中に入れていました。
そして、食べたいときに少しずつ食べるなさいと言われてたことを思い出します。

子供の頃は今みたいにお菓子を食べたいときにスーパーに行ってすぐ買えるではなく、
四川に住んでいましたので、蘇州のお菓子を食べたくて、父が蘇州に出張のときにいつも多めに買って来てくれました。
それをアルミの缶の中に入れて、食べたいときに親に言って缶から出して少しずつ大切に食べた記憶があります。
でも子供の私はお菓子が食べたくて食べたくて、
両親に黙って出して食べることも多かったので、
両親が気付いたときにもうすでに空き缶になってることもありましたね(笑)!

子供のときに食べた蘇州のお菓子の中で一番印象残るのは人参を干して甘く味付けしたお菓子です♪
あとは蘇州の「粽子糖」(粽の形にしている飴ちゃんです)です。
今はお菓子の種類もすごく増えたので、私の子供の頃のお菓子を食べる人も減っているのですが、あの頃は本当に大好きでしたね!

自分が子供の頃はお菓子が大好きでした!
今は姪達のことを見て、やはり子供はお菓子を見ると目が輝きますね(笑)!
でも、私は今でもお菓子は大好きかなぁ!?(大笑)
posted by みんみん at 23:20| 兵庫 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

子供の頃の汽車経験

今年の10月1日から上海ー北京の鉄道高速化で、
片道10時間でいけますというニュースを読んで
今の中国の交通面は本当に発展したなぁと思いました。
今までなら上海から北京まで片道で24時間もかかりますよ。
本当に益々便利になりました。

私の子供の時に、母親と一緒に四川の内江から蘇州に帰ってくるときには大変でした。
まず直行便がないので、内江から四川省の省都成都まで汽車で7時間かかります。
その後に成都で乗り換えて蘇州まで着くのは56時間もかかりました。
当時はみんな硬座(座るだけの席のことです)です。
もちろん私もそれに乗って蘇州に帰ってきました。

あの時は交通手段が少ないので、汽車を利用する人も多かったです
だから、汽車の中はとても混雑していましたね。通路で寝てる人もいましたよ。
それから、印象的だったのはトイレに行くのが大変だった記憶があります。
人が多いため衛生面も悪かったです。一刻でも早く蘇州に着きたかったです。
ずっと座りばっなしですので、蘇州についたときに足が浮腫んでしまいました(苦笑)。

四川省は盆地ですから、周りを山に囲まれて、山から抜けるまでの景色は赤色土の山ばっかりです、
乾燥しているので汽車の窓を開けるとすごい埃が入ってきます。
やっと江蘇省に入ってから緑が見えるようになりました。
緑が見えたときにさすが「江南水郷」だぁと思いました(笑)。
あの時の汽車の経験はあまりいい印象がなかったですが、今考えたらいい経験かもしれませんね!

今は上海から飛行機で3時間で成都について、
空港から車で3時間ぐらいで内江市に着くという話を聞いたことがあります。
昔と比べたら大分時間が節約できるようになりました。
いつかもう一回内江市に行って見たいですね(笑)!
posted by みんみん at 22:37| 兵庫 ☀| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の教育

昨日夕飯を食べながらニュースを見たときに、
岐阜県の中学生の女の子が高校生の彼氏に殺された事件を見て、
「まだ中学2年生なのに、恋愛するなんて早いしよくないよ」と私が言いました。
でも、その話を聞いた義母は「今の子は昔と違って、早熟ですからみんな彼氏や彼女がいるよ、時代が違うのよ」といいました。
それを聞いて私はなんかひっかるのがあって
「みんな彼氏や彼女がいるということは認めるしかないですか?」と聞いたら、
「ある程度認めないと親に反抗して、反って親のそばを離れる」と義母は言ってました。

でもそういうことになる前にちゃんと親が子供を教育したら、
子供は学生のときには勉強が一番で、
大人になったら恋愛したらいいと分ってくれると思いますよ。

確かに今の子供は色々な情報が入りやすくて、視野も私ぐらいの年代の人と比べたら精神的な成長が早いと思います。
それに応じて親からきちんと教育したら、立派な人になれると思います。
みんながそうだから、認めるとう考えは私は理解できないですね。
だって一生懸命勉強してるいい子もたくさんいると思いますよ。
義母が言うにはボーイフレンドがいても勉強との両立ができる、
親と話し合いでここまではしてもよい、ここまでは駄目だという約束をしたら良いですと言ってましたが、私はあまり賛成しないですね。

まず勉強と恋愛を両立できるのは難しいです、
大人さえコントロールできないのに、子供には難しいと思います。
また親と話合いしても実際になると出来ない場合が多いと思います。
だから、今回の事件はもちろん本人同士の問題ですが、その事件から考えられることはいくつでもありますよね。

子育てはすごく大変で難しいことだと思います、とくにまだ子供がいない私は偉そうなことは言えないですけど
やはり子供には良いことと悪いことをちゃんと教えて自分で判断できる
年齢になるまでは親がしっかりしないといけないと思います。

そんな風に考える私は古い人間なのかなぁ・・・(苦笑)。
posted by みんみん at 00:37| 兵庫 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

巨人対阪神戦

また野球の話になりますが、今日は巨人と阪神の初対戦です。
もちろん試合が開始してから放送が終わるまで見てました。
残念ですが、延長戦になってしまって、気になる結果は後で分ることになりました(次の番組の放送関係で中継は途中で中止になりました)。

今日はいい試合でしたよ、ルールはまだ完全に分ってない私でもドキドキしながら観てました。
関西に住んでいるので、やはり私は阪神が勝ってほしいですね(笑)!
こんなにスポーツに夢中になるのは自分も思わなかったですね。
なんかちょっとだけ野球をしたいなぁと思ったりしてます♪
でも、きっと守れない、走れない、、投げれない、打てないだと思います(大笑)♪
野球って140キロの球を狙って打つのはすごいし、その140キロ以上の玉を投げるのもすごいですよね!

私は只の観客なのに、それでもドキドキし見ながら見てましたので、
冗談だけど心臓強くないといけないですね(笑)!
スポーツの選手はもちろん試合する度に緊張してますが、多分一番緊張してるのは監督ですよね!

今日はなんとなく試合の結果が気になってますので、記事は短くてすみません!

この記事を送る前に結果を知りました、阪神の負けでした、残念!
でも、明日も頑張ってドキドキする試合を見せて欲しいですね♪
やはり、スポーツでも何でも一生懸命の姿は感動をしますね!

それから、阪神ばっかり応援して巨人ファンの方にはごめんなさい
posted by みんみん at 23:23| 兵庫 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

旅行のお話

今日は知り合いの方(日本の人)が先週中国の北京と桂林に行ってきたことについて色々話してくれました。

その知り合いの方は今年で定年退職で、娘さんが親孝行のため旅行の段取りをしてあげて
奥さんと二人で中国五日間の旅行をしてきました。とても良い思い出になりましたよと仰ってくれました。

今回の旅行は団体旅行ではなく、夫婦二人で中国で一人通訳がいて、
車の運転手もついてます、あまりにも豪華な旅行だったので
反って気遣って疲れましたよ、でも色々な日本ではできない経験をして、
本当によかったとも仰いました。

桂林の漓江がとても綺麗で、北京の万里の長城もすごかったと言ってました。
但し、毎日中華料理を食べて、日本料理を比べると油が多いので、
最後の頃はお茶漬けを食べたいなという気分になりましたそうです(笑)。
話を聞いた私にはその気持ちがよくわかります。
中華料理は慣れた人は別になにも問題ないですが、慣れない人は最後の頃になると日本食を食べたくなりますね。
ですから、これから中国に旅行に行く方は万が一の時のためにお漬物かふりかけを用意した方がいいと思いました♪

それと、北京から桂林への移動のときに、飛行機が一時間遅れて、結局飛行機の遅れで予定が狂ったことがあったそうです。
でも飛行機が遅れたときに中国の人はあまり気にしてなかったみたいですと言われました。
そう言えば、確かに中国の人は電車など遅れてもあまり文句言わないですね、反ってぴったり時間通りだったらびっくりしますね(笑)。

私は仕事でも私生活でもよく日本の人と接触しますので、日本人の時間を守ることはよく理解してます。
だから、日本の人との約束は必ず時間を守ります。でも中国の友達との約束の時にはお互いに少し遅れても文句言わないですよ(笑)。
これも「郷に入ると郷に従う」よね(笑)!

知り合いの方の旅行のお話を色々聞くと私も行きたくなってしまいました。私は旅行が結構好きで、前に勤めた会社のお陰で沢山の中国国内旅行をしました、本当に感謝してます。
今度は日本の国内旅行を楽しみにしてます♪
posted by みんみん at 22:43| 兵庫 ☁| Comment(11) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

自動車免許

最近、日本で自動車の免許を取ろうかなぁと思ってます。

日本に来て、殆ど出かけるときには主人の横に乗って出かけてます。
テレビなどでいつも交通事故を見てるから、車の運転が怖いと思ってます、
だから自分で車を運転したいという気持ちは今までなかったです。
でも今年のお正月明けてから、最初は主人がインフルエンザでダウンになったとき、
私が運転できたら、病院まで連れて行けたのにと思いました。
やはり日常の生活の中にはいざっ!となったときに運転ができたら、
すごく助かりますよね。

そう言えば、今中国は車の運転免許を持ってる人はすごく多いです。
もちろんその中に自家用車を持ってる人もいますが、持ってない人の方が多いです。
免許を持つのは格好いいと思う人も多いですよ。

20年前には、車の運転免許をもらうために半年間かかりました。
その半年間はほとんど毎日車の運転練習をしてましたが、
今はお金さえ払えば運転免許をもらうには2ヶ月のコースもあるらしいですよ。
こんなに短い時間で免許取れるなんで大丈夫かなぁと思ったことがありました。
去年実家に帰ったときにタクシーの運転手が最近交通事故が多くて、
殆どの交通事故は免許取ったばかりの初心者だよと言いました。
やっばり心配したことが起きましたねと思いました。
ちなみに中国語のペーパードライバのことを「本本族」と言います。

私は運動神経もないですし、いざとなるときにパッニクになる傾向もありますし・・・(苦笑)
こんな私って順調に免許を取れるのかなぁ、そっちの方が心配ですね(苦笑)。
まだいつなるか分らないですけど、頑張ってみます(笑)!



posted by みんみん at 23:37| 兵庫 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

良い天気でした

今日の神戸の天気はものすごくよくて、本当に洗濯、掃除する日です!

最近ずっと雨の日が続いているので、朝から布団を干したり、
洗濯物をしたり、家の掃除をしたりしました。
やはり普段あまりしてないせいで、掃除したら汚かったです(笑)。
やはり見えない埃でも日にちが重なると沢山積もってしまいますよね。

そう言えば、日本の埃は大体綿状ですね、中国の実家にいたときには埃が砂状です。
それを見ると日本の空気の綺麗さは分かりますね。
この前ニュースで見た、中国の北京一日30万トンの黄砂が吹きました。
空気中砂だらけですね。砂漠の面積も年々広がってますし、本当に深刻な問題ですね。

この前神戸も黄砂酷かった日がありまして、いつも綺麗な色をしてたお日様の色は真っ白でした。
車の上にも薄い砂が被ってました。中国の砂は海に渡って日本まで来ちゃいましたね。(苦笑)

話が戻りますが、いい天気だったので、ゆっくり掃除した後に、
義母が植えてた鉢花が咲いたので、少し切ってトイレに飾りました。
癒しになりますね(笑)。なんか今日はゆっくりできた一日でした、
ふわふわな布団で寝るのも楽しみです(笑)!

それでは、明日がみなさんにとって明るい一日になりますように!
おやすみなさい♪
posted by みんみん at 00:24| 兵庫 | Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

大阪造幣局のさくらの通り抜け

昨日は主人と一緒に大阪の天満橋にある造幣局の通り抜け道の夜桜を見にいきました。
帰りが遅かったため、記事を投稿できませんでした、ごめんなさい。

神戸から大阪までは電車で行きました、その方が楽です。
車だったら駐車場を探すのが大変ですし、きっと交通規制になっているので、電車の方が動きやすいです。

私は造幣局の通り抜け道の桜を見るのは初めてです。
前からあそこの桜が綺麗と聞きましたが、やはり自分の目で見るのは一番確実です。
本当に綺麗でした。今回は色々な桜の写真を撮りましたので、記事の方に載せることにしました(笑)。初めて画像を載せますので苦労しました(笑)!

造幣局の通り抜け道の桜はいつも見ている桜と違って、たくさんの種類があります。
色も色々ありますね。夜ですからはっきりどんな色かは見えないですけど、多分黄色と緑色の桜がありましたよ。
造幣局の通り抜け道に歩くと桜のトンネルのしたで歩いているみたいです、沢山のさくらの花に包まれているような気分でした(笑)♪
本当になんと言ってもとても綺麗です。本当は昼間の方がもっとはっきり見えると思います。
今度は昼間のお花見をしたいです♪夜桜を見るときには厚着をした方がよいと思います。
昨日の夜はものすごく寒かったです、春と言っても夜の気温はまだ低いですね。これは私の経験です(笑)。

昨日桜を見にいって、ちょっと思ったことがあります。
日本の国の代表花は桜ですね。中国の国の代表花は牡丹だと思います。
日本は桜が咲いてるときに公園などは無料で開放して、みんなで楽しもうという雰囲気がありますよね♪
でも中国の牡丹が咲いてる季節の時にはやはり入場料を払って公園の中で観賞することが多いですね。
もちろん花の栽培条件などいろいろあると思いますが、みんなでお花をみて楽しむことができると一番いいですね!

では、写真を載せてみますね!上手にできるかなぁ・・・。

・・・上手にできませんでした・・・写真が大きくなりすぎます
どうしたらいいのかなぁ・・・もうちょっと研究してみます。
ごめんなさい。
posted by みんみん at 00:30| 兵庫 | Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

フラフーフをしました

昨日、姪達が家の前でフラフーフを遊んでました。
それを見て、中国でフラフーフを練習したことを思い出しました。

一時的に中国もフラフーフが大流行で、子供も大人もやってます。
朝の公園などは大人たちがダイエットのためにフラフーフをしてました。
私もそのためにわざわざ一番重たいフラフーフを買って、練習しました。

最初のときはフラフーフ重たいので、腰の力が使いすぎで、
腰の骨のところに青あざまでできてしまいました。すごく痛かったです。
やはり最初はなかなかうまく行かなくて、コツが分からないときは動きも
ものすごく可笑しくて、わざわざ人を笑わせるみたいに可笑しかったです。
でも段々コツが分かってきて、上手にできるようになり、
運動神経が無い私でもできるからすごく嬉しかったです。
そのときは毎日200回はまわしましたよ!

私は腰しかできないですが、他の人は足でも、首でもできます。
フラフーフって色々な重さがありますね、もちろん子供用は軽いです、
大人用は重たいですが、私の経験ではあまり重たいものを選ばない方がよいと思います。

昨日は子供用のフラフーフを使ってやってみたら、軽すぎで全然出来なかったです(苦笑)。
実は主人の前で披露したかったですが、結局姪の方が上手でした(苦笑)。
posted by みんみん at 00:20| 兵庫 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

寝る前に音楽を聞きます

みなさん、寝る前に自分が好きな優しい歌や音楽を聴きながら眠るのを経験したことがありますか?

私は結婚する前にはよく音楽を聴きながら寝ます。とても気持ちよく寝れました♪
私が寝る前に音楽を聞く習慣になったのは金沢で生活したときからです。
あの頃は寮に住んでいて、夜なると寮のほかの人たちは内職するために
夜の12時頃にならないと部屋に帰って来ないので、その時間までは一人ですから
音楽を聞いたりしても人に迷惑なんかかけませんので、ラッキーでした!
いつも聞いてるから、よく知らないうちに寝てしまいます。
そのときに「あ、これはいいなぁ」と思う
いつも自分が好きな曲を聴きながら寝ることになてました。
でも結婚してからはそういうことが出来なくなってしまいましたね(笑)。

金沢にいたときに友達の影響で米倉利紀の歌が好きになりました。
友達のお陰で彼のカセットテープやCDを沢山持ってます。
先日友達が彼のDVDまで送って来てくれました。
さっそく見ましたよ、やっはり格好よかったです(笑)。
彼の声がとても綺麗で、私は彼の「あの夏の日」と「奇跡」という曲が大好きです。
ちなみに彼の写真を携帯に貼ってます(笑)。

話変わりますが、音楽を聴きながら寝るのは本当にリラックスして寝れますよ。
よかったら、みなさんも試してみてくださいね♪
posted by みんみん at 22:57| 兵庫 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

春暁

折角桜が綺麗に咲いてたのに、この二日間はずーと雨が降り続けているため、
あっという間に桜が散ってます、桜の吹雪で地面にピンクの絨毯のようになってます。
とても綺麗ですが、散るのはもう少し後にして欲しかったです。
一年中で桜が咲いてる今が一番綺麗ですよね。
でもこれから、桜の葉っぱが生えてきて、ピンク色から緑に変わりますね!

春になると雨が多くなるという気象現象があります。
それを思うと中国の漢詩を思い出しました。
漢詩のタイトルは「春曉」、唐の時代の詩人孟浩然が書いたものです。
内容は「春眠不覺曉,處處聞啼鳥。夜來風雨聲,花落知多少」。
意味は春の眠りはついつい寝坊してしまい、 方々から鳥の鳴き声が聞こえてくる。
昨夜は、雨風の音が激しかったが、花は、さぞたくさん散ったことでしょうね!

この詩を読むと本当に今の季節とぴったりですね。
春のことをうまく表現できて本当に素敵な詩だと思います。
この漢詩は中国の小学校の国語の教科書に載ってますので、殆どの人は知ってます。

「漢文唐詩宋詞元曲」と言いまして。
唐詩は素敵な漢詩がたくさんあります、なかなか今は思い出せないけど
私はあの時代の詩が大好きです、また、機会を作って紹介しますね!
posted by みんみん at 23:11| 兵庫 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

春は眠いですね!

今日はなぜか分からないけど、一日眠たくて、
夕飯を食べた後にブログを書こうと思ってたのに、
知らないうちに寝てしまいました(苦笑)。
目が覚めたらもうこんな時間になってしまいました!

春になるとなんとなく眠たい気分ですよね。
本当は暖かい季節を迎える春はいいですが、
なんとなく眠たい気分がありまして頭がボートするので、
私はどちらかと言えば秋の方が好きですね♪

そう言えば、昔、学校の授業のときのことを思い出しますね。
中国は午後の1時半から一時間目の授業が始まります。
いつも少し昼寝をしますけど、ある日はしてなかったです。
授業中は眠くて眠くて、先生が何を話しているのかは全然耳に入らなくて、
とにかく早く授業が終わって、休憩時間に寝ようと思って、必死に我慢してましたよ!
辛かったです(笑)。クラスの中で授業中に寝てしまった人もいましたよ。
先生が授業しながら寝てしまった生徒にチョークを投げました。
チョークが当るとものすごく痛いので、生徒は痛さで目が覚めます。
先生の行為はもし今の日本でやったら、きっと親から訴えられますね。

あの頃の先生は結構厳しかったですね。
ある生徒は授業中に小説を読んでいて、先生が何回も注意しましたが、
生徒が全然聞かなかったので、先生はその本を破って捨てましたことがありましたよ。
当時は生徒も自分も悪かったと認識しました。
もしこいうことを今の日本で起こした場合は先生がどんだけ親に責められるのが想像つきますね。
もちろんあの頃の先生のことは良いとは言えないですが、でもあまりにもなにもいえない先生もよくないなぁと思います。

今日はなんとなく思ったままに書いたので分けわかんなくなった文ですね(苦笑)。
やっぱり眠くて頭が働かないからかなぁ?
読んでくれたみなさん、変な記事でごめんなさい。
それでは、明日がみなさんにとって良いことがありますように♪
おやすみなさい♪
posted by みんみん at 23:57| 兵庫 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アルク・オンラインショップ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。