2006年03月14日

ゴミの分類

今日、思いついたことがあります。
日本に来たばっかりのころ、ゴミの捨て方に関してはちょっと戸惑うときがありました。

中国はゴミの分類などはないので、いろんなものをいつでも捨てられます、
規制はないのである意味は楽です(笑)。
でも日本はゴミの分類が細かく決められて、捨てる日にちもそれぞれ決められてます。

最初のときにゴミを捨てる度に義母に聞きました。
まずゴミを捨てる日にち、そして捨てるゴミの内容、
最近ゴミの分類がさらに細かくなったため、特に荒ゴミのときに間違えないようにいつも捨てる前に一覧表にチェックします。
そんなに大変ではない作業ですが、ちょっと面倒かなぁ(笑)。
でも環境保護のためにやるべきなことですね。

今の中国はまだ規制がないですが、いつかはきっと日本のようになると思います、なって欲しいですね・・・。
今の中国のゴミステーションはいろんなものを捨ててるので、生ゴミの腐った匂いが結構するので、あまり衛生ではないですよ。
日本のゴミステーションはゴミ収集の後には本当にすごく綺麗ですね。

それから、日本ではPC、テレビなどを処分するときにお金を出して、
専門の店に持っていて処分してもらう制度になってますね。
中国はまだテレビなどを捨てる家は少ないですね。
みんなリサイクル屋さんに持ってて安売りしたりしてますね、特別な規制もないです。

この前テレビで日本のPCを中国に輸出して、中国で分解して、その中の金属を取り出して再利用してますのを見ました。
この作業はとても環境汚染になるし、また作業する人の健康にも影響があります。
それを見ると今は分からないので、いつかは体調や環境の問題が出てきますね。
経済発展を求める一方に環境問題も考えるすべきですね!
それは本当に大事なことだと思います。
posted by みんみん at 00:50| 兵庫 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

神戸空港

最近体調が崩してしまって、気分も暗かったので、折角の休みですから主人が
「ドライブを兼ねて神戸空港に行きましょうか」と誘われて一緒に行ってきました。

神戸空港は今年の2月16日に開港しましたが、国内線しか飛んでないです。
神戸空港は神戸市内のポートアイランド(人工島)の沖にあるので、
家からはとても近いです。もし上海まで飛ぶことができたら嬉しいですけどね。
今日は空港を見学する人が多すぎて、空港の駐車場がいっぱいになったため、
途中でモノレールに乗りました。

びっくりしたのは乗ったのが無人の電車だったことです、
そしてこの電車は1980年に出来た物ですって!もう26年前から走ってるんですよね。
古い乗り物なのに初めて乗った私はとても新鮮と感じました(笑)。
神戸空港は海を埋めたてて作ってたので、電車も海の上を通って行きます。
電車に乗って下に海があるなんて本当に不思議な景色です。
今日は天気がよくなかったので、海の色も暗かったです。
きっと晴れの日は神戸空港が綺麗でしょうね!

神戸空港についた瞬間、「小さな空港、一望で全体見える空港」と思いました(笑)。
空港内には人がいっぱいで、でも乗客と見学に来る人の比率から言うと1:9ぐらいです。
これから神戸空港を利用するお客さんが増えたらいいですよね。

今神戸空港は6つの都市と繋がっているそうです、東京便が多いですね。
今の時期は空港オープンのキャンペーンで東京までの往復で10000円だそうです!
安いですよね、乗りたいけど東京まで行く用事がないのであきらめました(笑)。

そうそう、義母から聞いた面白い話、神戸空港からの初めの便に乗った知り合いの人がいて、
そのときにジャンボで400人ぐらい乗っていたんです、飛行機の中でジュースを配って
人数が多かったし時間も短かったので、東京に着いたときにジュースをもらってない
お客さんもいましたそうです。(東京までは1時間15分ぐらいです)

今日はね初めて空港でプロペラ機を見ました、
離陸のときはさすがジェット機との角度が違って、角度が小さかったです。
飛行機の離陸を見ると自分もそれに乗ってどっか行きたいなぁと思いました。
やはり空港へ行くと蘇州に帰りたいなぁという気分になります(笑)。
いつか神戸空港から日本国内のどこかに旅行に行きたいですね!
今は沖縄か札幌をねらっています(笑)♪

今日は普段行かない場所に行ってきて、また神戸の中でも普段と風景が違う場所だったし
本当に暗い気分も晴れて、よかったです。主人に感謝してます!(笑)
posted by みんみん at 23:39| 兵庫 ☔| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

元気になりたいです!

季節の変わりのせいかもしれないですが、最近体調が悪いですね。

この前は風邪を引いてしまって、昨日は腰からの痛みを足まで影響して
歩くのも辛かったです。薬を飲んでシップを貼って今のところは治まっていますけどね。
どうしてまだ若いのに体が弱いでしょうね(苦笑)。

中国にいたときにはそんなに悪くなったのにね。
体調が悪いので気分もなんとなくくらくなってしまいました。
体調が悪いときには集中力がないから、時間あっても勉強することもできなくて
本当に早く元気になって、元気はなにより一番ということはつくづく思います。

辛いことがあったり困ったことがあっても人に助けてもらえますが、
体調が悪いときの辛さは助けようと思ってもできないですよね。
これからまたまたやりたいことがいっぱいあるので、元気にならないとなにもできないから、
頑張って元気になろうと思っている私の今の心境です。

今日はちょっと暗い記事で、みなさんごめんなさい。
posted by みんみん at 00:03| 兵庫 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

どっちの料理ショー

今日は久しぶりに「どっちの料理のショー」を見ました。
この番組はもう何年間も続いてますね。
中国にいたときに、上司の奥さんが料理番組好きだから
いつも日本の家族にビデオをとってもらって中国で見てました。
そのときによく一緒に見てました(笑)。

料理の番組ですけど、ただ作るではなく、素材の産地、作り方法なども紹介されて
またゲスト達の面白いトークを加えて、本当に楽しい番組ですね♪
今日のテーマは「豚肉の生姜焼き定食とレバーのニラ炒め」です。
私は番組を見ながらゲスト達と同じようにこれもあれも食べたいなぁと思いました。
最後は豚肉の生姜焼き定食が勝ちましたね。私も豚肉の生姜焼きたべたーい!でした(笑)
テレビ見ながらゲストと一緒に「わー!」とか言ってたら主人に笑われました(笑)♪

中国も同じような料理番組がありますが、日本のと比べたら内容は堅すぎますね、
司会者は一生懸命楽しい雰囲気を作ろうとしてますが、
ゲストたちは自分のイメージを崩したくないのかどうかは分からないですが、
みんなかっこうをつけてて・・・とにかく面白いと思わなかったです。
料理の番組は料理が重要ですが、見てる人は面白く感じないと人気がなくなりますよね。

話戻りますが、番組のせいで、豚肉の生姜焼きを食べたくなって、
明日のメニューは決めました:豚の生姜焼きです(笑)♪
番組を見て笑って、楽しんで♪明日のメニューも決まってなんか得をしました(笑)♪
posted by みんみん at 00:14| 兵庫 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

杭州

先日テレビで中国の有名な観光地「杭州」のことを紹介されたらしいです
(私は見てなかったですが、主人の両親が見てました)。

主人の両親に「杭州から蘇州まで遠いですか」と聞かれて
「そんなに遠くないですよ、車で今高速があるから2時間程です」と言いました。
主人の両親はテレビの紹介を見て、「すごく綺麗な湖がありますね、行ってみたいですね」と言ってました。
確かに杭州は綺麗なところですね。歴史も長いし、古い都です。

私は杭州は何回も行きました、いろんな観光地を回りました。
やっぱり一番印象に残るのは西湖ですね。
本当に絵のような景色で、だから宋の時代の詩人蘇東坡の漢詩に
「欲把西湖比西子、淡粧濃抹総相宜」を書いてありました。
意味は西湖を中国の四大美人中の西施を比喩して、薄化粧でも濃い化粧でも似合います。

私は朝の西湖が好きです、静かな湖が鏡のようで柳の陰が映って…、
朝だから少し霧がかかって、周りで鳥の鳴き声が聞こえて本当にいい気持ちになりますよ。(笑)
杭州の美しいところは水があって、山もある所だと思います。
水と山があったら絵のような美しい景色が生まれますね!

杭州も蘇州と同じで色々な伝説があります。その中に有名なのは「白蛇伝」という物語です。
内容は白の蛇は人間に恩を受けて、恩返しのためにその恩人と結婚しました。
子供が生まれたときに白蛇の敵が襲ってきて、杭州にある「雷峰塔」の下に閉じ込められた内容です。
これも私が好きな越劇中の有名な劇の一つです。
「白蛇伝」の話はここで終わりましたが、その続きの内容は二人の子供が大きくなって
その子供が自分の母親を救出する物語もあります。
杭州の話をしたら、またまた色々ありますよ。
各観光地についてはさまざまの物語があって、子供のときに家の「杭州伝説」という本を何回も読みました、大好きでした。
いつか機会があったら主人の両親を連れて杭州を案内したいですね。主人も行ったことがないですよ(笑)。

「上に天堂があり、下に蘇杭があり」という言葉の表現は本当にその通りです。蘇州も杭州もとても美しい場所ですね。さすが実家は蘇州ですから、自分の実家を褒めたいですね(笑)♪
今日は故郷自慢の私でした(笑)♪
posted by みんみん at 00:26| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

一人っ子政策について

自分が10代、20代の時に年を取ったときのことを考えたことがなかったです
でも最近周りのお年寄りのことを見て自然に考えるようになりました。
一番思うのは若いときにどんな苦労しても構わないですが
年老いたときには人に迷惑をかけないようにのんびりしたいなぁと思います。
でもいつかは迷惑をかけるようになりますよね(笑)。

最近中国は高齢化も進んでいます。お年寄りが増えてきました、
世話をして貰えないお年寄りは老人施設に行く人もいます、だから老人施設が増えてます。
これからもきっと益々増えると思います。

私が生まれる頃(1970年代)から一人っ子政策が始まって
本格的に厳しくなったのは1980年からです。
もう26年も経ったので、もう人の親になった方も多いでしょうね。
その人たちは夫婦お互いの両親と自分達の子供を含めて二人で
4人のお年寄りと一人の子供の面倒を見ないといけないですね。
そう考えたら本当に厳しいことですね。

当時私と同じ年齢の一人っ子は色々な優遇政策を受けることができて
ちょっと羨ましく思ったときもありました(私は兄弟がいます)
一人っ子になりたいなぁと思ったときもありました(笑)。
でも今考えてみたら兄がいてくれてよかったです。
親と離れても兄が親のそばにいるので、少し安心します♪

中国は人口が多いので、一人っ子政策は悪いと言えないですが
子供一人になると親はどうしても甘やかししちゃいますね。
勉強はすごくできる子供なのに生活の面の自立性はゼロな子供もいますよ。
それを見てると良くないなぁと思います。
前はこのことを深く考えたことがなかったです。

最近日本のテレビでよく「少子化問題」の話が出ているので
少し思ったことをここで書きました。

まぁ年を取る前にしっかりいい人生を送って、
年を取ったときにいい思い出をいっぱい思い出せるようにこれからも頑張りましょうね!
(呆けないように・・・笑)
posted by みんみん at 23:48| 兵庫 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

中国の結婚の吉日

聞いた話では今年は戌年ですので、結婚には縁起が良いので
中国は今年中に結婚する人は多いみたいです。
去年はあまりよくないので、結婚したカップルの数も少なかったらしいです。

確かに結婚は人生の中で大事なことですから、結婚式を挙げる日はみんな慎重に選びますね。
中国では入籍の日と結婚式挙げる日は別々で、重視しているのは式を挙げる日ですね。
結婚記念日と聞いたら、式を挙げた日と答える人は多いと思います。
でも私は籍を入れた日にしました。

中国の習慣では旧暦の毎月の3日と27日は吉日です、その日を選ぶ人が多いです。
でも夏の時期は結婚する人は非常に少ないです。
なにか理由があるのかなぁ、その辺はちょっと分からないですね(笑)。
あとは5月の連休、10月国慶節、1月の元旦、お正月の3日の日などに結婚式挙げる人も多いですね。

ちょっと前まではみんな結婚披露宴をレストランで行うことが多くて、
そのときに新郎、新婦はレストランの入り口のところでお客さんたちを迎えることを
してますから、たまに一つのレストランで何組もの新婚さんがいるから
みんな店の前に並んでいるので、私たちがその前を通る時にこっちのカップルはお似合いとか、
こっちの新郎はあまり格好良くないとか勝手に評価することもありました(笑)。
今になってそのときの行動は余計なお世話だったなぁと思ってます(笑)!

最近ではみんなホテルの中で披露宴を行う人が多くなってます。
ホテルの方が綺麗だし、サービスも良い、冬のときにウィディングドレスを着ても寒くないから
レストランより少々値段高くても一生に一度ですからね(二度目の結婚はそこまでやる人は少ないと思います、苦笑)。

結婚方面の情報によると結婚式に対して最近みんな段々贅沢になってます。
式にそんなにお金をかける必要があるのかなぁと思いますね。
結婚の実質は式ではなく、式の後の長い結婚生活の方が重要だと思います。
あ、でもこんなことを書くとやっぱりおばさんになったかなぁ(笑)♪
それに、自分たちの結婚式は全然吉日を気にしてませんでした(笑)!
posted by みんみん at 23:04| 兵庫 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

「生きててもいい」

昨日とても感動するドラマを見ました。
それはフジテレビの「生きててもいい」というドラマです。
話の内容は両親いない女の子が里親との間の話です。
主人公の女の子は生まれてから母親に捨てられて、
父親が育てられないので、施設の方に女の子を入れました。

女の子は8歳から里親の家で生活し始めました。
心に影があるので里親との間にはどうしても距離感があります。
でも実は里親はその女の子を自分の子供のように大切に育てました
それを女の子は理解できなくて反抗期のときに福祉施設のほうに戻りました。
そして一人で生きていくと決めて頑張りました。

でも女の子が重い病気にかかってしまったときに、里親であるお母さんが駆けつけ
生きていく勇気を付けてあげて、色々励ましてあげました。
そして女の子の実の母親も時間かけて見つけてあげました。
その女の子も大人になって里親が色々してくれたことを思うと
親の気持ちがやっとわかるようになりました。

でもその後はその里親である母親が亡くなりました。
親孝行をするために里親のお父さんと一緒に住むことになりました、
女の子はもう一度向日葵が咲く家に帰りました。

このドラマを見ながら、何度も涙が出ましたよ、
一人で見てるから泣いても誰も知らないし、よかったです。
そして泣きすぎで今日の朝は目が痛かったです(笑)。

感動した所は里親である母親がその女の子が立派な人間になるために
厳しい躾をしました、それは決して虐めではなく、本当に子供のためにしたことです。
でもそのときは子供が理解できなくて、親と大喧嘩して家から出て施設に戻っても、
病気になったときにも里親は心から心配してくれました。
自分の子供ではないのに自分の子供のように思ってた親のことを見て涙が出ました。

このドラマは実話らしいですので、本当にその女の子は素敵な親と出会えて幸運だと思います。
だって現実には生んでくれた親でも自分の子供のこと大切にしない親が大勢いますもんね。

最近はテレビのお話ばかりですが本当に感動したのでどうしても書きたかったです。
posted by みんみん at 00:50| 兵庫 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

ひな祭りの人形

今日はひな祭りで、女の子の祭りですね。
桜餅を食べたいです(今日買うのを忘れました・・笑)。

日本は女の子の日と男の子の日がありますね。
中国では女の子でも男の子でも毎年6月1日は子供の日です(国際児童節のことです)。
ひな祭りは雛人形を飾る日本の習慣がありますね。日本に来て初めて見ました。
とても可愛い綺麗な人形ですね♪

主人の妹の子供は女の子ばっかりですから、毎年飾ってます。
雛人形を見て一番驚くのは人形の服と飾り物です。
とても綺麗で細かい部分もきちんと作ってます。
服が小さいので作るのはすごく難しいと思います。
人形の顔も綺麗に書いてますね、本当に日本特有の顔です。
可愛いから見てて自分も人形になりたくなりました(笑)♪

人形の話をしたら、私の子供のときの人形を思い出します。
私の子供の時には一番普通なのはプラスチックで出来た人形です
今の人形と比べたら本当に安物に見えますが、そのときの私にとっては宝物でした♪
幼稚園の頃に親戚の叔母さんからぬいぐるみのような人形をもらいました。
嬉しくて嬉しくて、その人形をものすごく大切に大切にしてました。
いつもたんす中に入れてる、めったに出さないし、たんすから出すのは
写真を撮るときぐらいかなぁ、それを抱いて沢山の写真を撮ってましたね(笑)。

私は大人になってもう人形は必要なくなって、兄の子供にあげました、
但しあげた後一週間も足らず元々綺麗な人形は真っ黒になってしまいました。
正直すごく痛かったです(泣笑)。

時代の移り変わりに人形も変わってきますね
先日主人と神戸の三宮にある人形屋さんに行ったら、
人形の顔などは漫画の中の美少年美少女のような格好いい顔ばっかりです!
どの子も西洋人のように見えました。服、靴なども今の流行のファッションです。
値段はなんど5万円以上です。本当にびっくりしましたよ。
その店に入ったらなんか違う世界にいるみたいでした(笑)。

でも、そんなに高価な人形よりも私にとっては思い出の中の人形が一番ですね!
あー、本当に大事にとっておけばよかったです。
posted by みんみん at 00:13| 兵庫 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

いいお話を見ました

今日はテレビでいい話を見ました。
私も途中からですが、話の内容は「目が見えないカメラマンの夫婦の絆」のことです。

主人公のご主人はある事故で高いところから転落し、
全身沢山のところを骨折しました長い時間はずーと昏睡状態でした。
その昏睡状態のときから奥さんは毎日病院に通って、
いつか意識が戻ってくると信じてました。

そして、ある日ご主人の意識が戻りました、ただし視力を失ってしまいました。
ご主人は写真を撮るのが大好きで、命と変わらないぐらい大切に思っているのに
目が見えないのはとても辛いことです。
でも奥さんのために生きようと思って、一生懸命リハビリをして頑張って、
2年間かけてやっと自分の家に戻ることができました。

ご主人は奥さんに感謝するため夫婦で世界一周の旅行に行くことにしました。
そのときに友人から写真用のフイルムをもらって、「写真を撮ってきて」と言われ、
奥さんの目を借りていろんなところの写真を摂ってきました。
ご主人が「もし何も無かったら、妻からの愛情もきっと感じられなかった」と言ってました。
ご主人は心から奥さんのことを感謝しているし、
奥さんもご主人と一緒にいて色々なことを教えられて幸せという話でした。
夫婦の間にこういう愛情があることは本当に素敵なことだと思います。
夫婦って本当に困ったときにお互いに支えて困難を乗り越えることができたら素敵ですよね。
一度困難を乗り越えたら二人の絆はさらに深まりますね。

でも世の中にはそういう素敵な夫婦と違った夫婦もいますね。
聞いた話では若いときに夫婦二人で苦労して商売を成功させて、
お金の余裕ができて若い女の子に目に移して、そこで離婚など家庭問題が出てきます。
そういう夫婦を見てると悲しいですよね!

話は戻りますが、今日のテレビの話は感動しました。
人間って自分が好きな人そして相手も自分のことが好きという
そんな伴侶を探すのは本当に難しいことだと思います。
妥協しないで探し続けばきっと出会えると思います。
ですから、みんさんが素敵な出会いできますように!
みなさんの幸せをここで祈ります♪
posted by みんみん at 00:02| 兵庫 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

インスタント食品

最近寝る時間が遅くなってますので、寝る前によくお腹が空きます。

本当は寝る前に食べるのは良くないと分かってても、
お腹が空いてるときにはどうしても食べたくてしょうがないですね(笑)!
そのためにインスタントの食品を最近よく買います。

スーパーに行ったら色々なインスタント食品があって、
何を買ったらいいのかわからなくて、いつも適当で選んでます。
でも、よかったのはあまりはずれがないことです。ほとんど美味しかったです。
今まで私が思ったインスタント食品はラーメンぐらいと思いましたが、
日本の場合は本当に色々ありますね。
例えばスパゲッティ、リゾット、ドリア、いろんなスープ類、ご飯類があります。

私は最近食べた中ではリゾットが美味しかったです、電子レンジでチンするだけ
ですが、ちゃんと焦げ目もついて本当に美味しかったです♪
この前はインスタントラーメンも食べました、ちょっと工夫するととても美味しく
なりますよね!この前のはとんこつラーメンでしたので塩昆布を入れたりしました。
話がちょっと違いますが、塩昆布は大好きですご飯にかけてお茶を入れるのが好きです♪

でもインスタント食品は防腐剤とかいろんな薬品が入っているため、
あまり食べないほうがよいと思ってますね。
健康と直接つながるのはやはり普段の食生活だと思います、インスタント食品を
気に入っている私が言うと説得力が無いですが(笑)。
やはりほどほどにしてたまに食べるのがいいですよね♪
皆さんも気をつけてくださいね!
posted by みんみん at 00:36| 兵庫 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

古鎮の開発

今日は一つのニュースから思ったことを書きます。

まずニュースの内容は上海の郊外にある唯一未開発の古鎮水郷(古い川が多い町のこと)
の治水工事が始まりました。これは町の住民たちにとっては本当に朗報だと思います。

このニュースを読んで思ったのは上海の郊外にある有名な古鎮「周荘」、
今はもう観光地になってますけどね。私は開発する前に行ってきました。
もうものすごく素朴で、町の住民たちも大都会の人たちとちょっと違ってやはり素朴で、
静かな町で川が流れてて、本当に絵になるような景色でした。
特に道は石板で出来てて、それも大都会には無い風景ですね。
あのときは本当に良かったと思いました。ただ道が悪かったかなぁ(苦笑)。

それから何年後に上司の奥さんと二人で行ってきました。
風景が随分変っていました。町の入り口までの道路は広いアスファルトになって
お土産屋さんもいっぱいで、もちろん人もいっぱいです。
なんとなく「観光事業が発達してます」という感じでした。
船で町を一周回るコースもありまして、船を漕ぐおばちゃんは英語の挨拶もできるらしく
船を漕ぐながら歌を唄ってくれます、もちろんお客さんたちは大喜びですね!

でも私が好きなのはやはり昔の町の雰囲気です。
昔のままだったらもっといいのになぁ・・・と思いましたね。

ちなみに周荘には昔大金持ちが住んでました。
その人の名前を使っての豚のもも肉の料理は有名ですよ。これは本当に美味しいです。
醤油を使って甘く煮込んでいた料理です、肉はものすごく柔らかくて、
骨は付いてますけど、手で軽く取れるほど柔らかいですよ。
(あ、今の時間を食べ物の話をしたらお腹が空いてきました、何か食べようかなぁ・・・笑)。

住んでいる人たちにとっては町が発展して行くことはいいことでしょう。
昔の素朴な方が良かったと思うのは私の我侭かもしれません。
でも、発展して人間が素朴さや優しさを無くしてゆくのは寂しいと思う私でした。
posted by みんみん at 00:39| 兵庫 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

友達

今日は珍しく中国の友人から電話がありました。
その友人は私と同じ日本人の男性と結婚しました。
でも彼女は仕事の関係で旦那さんと中国で生活してます。
私はいつも彼女のことをうらやましく思ってます
それは彼女は自分の両親と一緒に生活していることです。
でも彼女は日本での生活が憧れです。でも、実際に日本に帰ってくると
色々気を遣うところがいっぱいあるので
「中国での生活のほうが自由で気楽です」と言ってました(笑)。
お互いに自分が無いものを羨ましがってますね。
人間ってそういう所がありますねぇ・・・!

今回の電話は去年蘇州で会ってからずーと連絡してないので
私のことが心配で電話をかけてきてくれました♪
実は去年の今頃から年末のちょっと前までは私の体調がずーと悪くて
最初は左の足の踵の周りの筋肉が炎症起こしたと医師に診断されて
沢山の抗生物質を飲んでも全然効かなかったです。
かえって体調がストレートに悪くなって、薬を止めて整体院に通いました。
それでも治らなかったです、医師に聞いても原因が分からないと言われて
沢山の検査も受けたのに、すごくショックでした。
最初は足でしたが、段々体中に痛くなって、一番酷かった時は寝ても痛かったです
全然寝られなかったですよ、本当に辛かったです!
病院に通ってもあまり効果なくて良くならなかったので
少し痛くても歩けるようになった時から病院に行かなくなりました。
今も痛みは少しありますが、そんなに気になるような感じではないので
いつかは完全に回復できると信じてます。

占いを見たら私がかかった病気は長引きますと書かれてたので、このことでしょうね(笑)。

だから友人が私の健康を気になってるから電話をくれました。
本当にすごく嬉しかったです。こっちから連絡すべきなのにね(笑)。
でも今度彼女が日本に帰ってきたときに会おうと約束をしたので、楽しみにしてます♪

私は体の調子が悪かったときに、その中国の友達だけではなくて日本の友達からも
すごく心配してもらっていろいろ気にかけてもらいました。
心から皆に感謝をしてます。テレビのコマーシャルだったと思いますが
「お金で買えないものがある」と言うのがありますね
本当にそうだと思います、友情や愛情は決してお金では買えませんね。
だから、これからも本当に心から大事にしていきたいと思います。
posted by みんみん at 00:00| 兵庫 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

今日は雨でした

今日の神戸は一日雨でした。とても気分も暗い一日でした。
でも明日晴れになるらいしいので、いいですね♪

中国にいたときにも雨の日はあまり出かけたくないです。
何故なら、出かけるのは傘を差して、買い物するときも商店街などに屋根がなくて
ゆっくり買い物はあまりできないし、買ったものも濡れるし。
本当に雨になると不便です。日本に来て雨の日はそんなに不便とは感じなかったです。
市場、商店街などに行くときは屋根があって、傘なくても大丈夫です。
道を渡るときも地下に通って行けば雨にも濡れずに行けるし、
ビルとビルの間も渡り橋があって室内で行き来できるし、本当に良いと思いました。
でも実家の蘇州の繁華街も近いうちに屋根を建築する予定があるらしいです。
それは楽しみですね♪

商店街などの屋根だけではなく、雨の日例えばデパートで買い物したら、
紙袋の外にビニール袋を被せてくれますね。
それを見るとさすが日本人の心遣いというか気配りがすごいなぁと思いました。

中国は大陸の気候ですので、埃などが多いです、雨が降ると泥水になって、
一番分かり易いのは走ってる車の後ろなどはいつも泥がいっぱいついて汚れやすいです。
もちろん歩く人もズボンなど汚れやすいです。
でも日本の場合は雨降ってもそんなにすごく汚れることがなくて
やはり日本の空気が綺麗ということですね。

でも5月ごろになると中国の方から黄砂がくるので、そのときには空気が汚れてますね。
中国の砂漠現象はどんどん進んでいるので、なんとかしないと本当に自然のバランスが壊れてしまうので、将来の人々の生活環境が悪化してしまいますね。

今日は雨を見て少し思ったことを書きました!
posted by みんみん at 23:21| 兵庫 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荒川静香選手、金メダルおめでとうございます♪

トリノオリンピックはもうすぐ終わりますね。ちょっと寂しい気もしますね。
昨日、日本のフィギュアスケートの選手荒川静香さんが金メダルを獲得しました!
本当に嬉しいです♪
まだ日本は他にメダルは獲得できてませんので、この金メダルはとても意義がありますね。

昨日の朝主人がその試合を見たくて、起きてすぐテレビをつけました。
荒川静香選手がノーミスで滑りました、他の選手と比べたらやはり一番素晴らしかったです。
滑ってるときも本当に風格がありました!きっと努力が自信になってあの風格なのですね!

最後に終わったときの荒川選手の笑顔はすごく綺麗かったです。
その笑顔はきっと自分が完璧に近いほどできて、心からの笑顔です。見てて感動しました。
人間の顔の良い悪いは実はその人の心にあるとやはり思いましたね。
普段のテレビのインタビューのときの荒川さんの顔とあのときの笑顔はまったく違います
一生懸命苦労してやり遂げたときの達成感は本当に綺麗で輝いてました。


村主選手もすごくよかったんですが、4位はちょっと惜しいですね。
私は見ててもっと点数が出ると思っていたのに残念です。だって、すごく上手だったでしょ!

テレビでフィギアスケートの試合を見てて自分も興味が湧いてきました。
イナバウワーの真似を部屋でしたら後ろに転びました(大笑)♪
運動神経がまったく無い私でも一回で良いからやってみたいなぁーと思いました。
実は私はスケートをしたことがありません♪
posted by みんみん at 00:39| 兵庫 ☁| Comment(7) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

主婦業も大変です

主婦になってもう2年になりました。
最近主婦の仕事って困ってるのは毎日のメニューです。
最初日本に来たときに義母から色々な日本料理を教えてもらって、
食べたことが無い料理がたくさんあったので、
とても興味があって、料理を作るのも楽しかったです。

最近は段々慣れてきて、料理も大体覚えて、
覚えた料理の中にはやはり好きな料理と嫌いな料理もあります、
また毎日同じようなメニューではよくないから、
いつも「今日は何しようかなぁ?」と思う毎日です(笑)。

料理って、例えば好きな料理でも食べたいときと食べたくないときがありますよね
だから、その日の気分によって作りたい料理も変わりますよね。

結婚する前にはいつも両親が作ってくれてたので、メニューは殆ど考えなかったですが
今になって母親の気持ちと苦労が分かるようになりました。
うちの母がいつも「市場に行って、一周回って結局何も買わなかったよ」と言います。

上海にいた頃は毎日上司の奥さんが作ってくれましたけど、
毎日私と上司が食べたい料理を3つ言って欲しいといわれたときがありました。
やはり奥さんも困ってた時がありましたね。
私は今は料理の本を見ながら明日のおかずを考えてます。
やはりみんなが好きな食べたい料理を作りたいですね。

でも、思ったけど、中国の女性は料理の本を見ながら料理を作る人って少ないですよ。
男性も料理するので、一緒に考えたら簡単に済みますね。
私も明日から主人に毎日3品食べたい料理を教えてもらおうかなぁ(笑)。

義母は料理に対して栄養のバランスを摂る事、
また健康のために塩分控えめを重視してますので、偏食にならないように考えてます。
でも面白い話はね、たまに味が濃かったときに義母に「今日はちょっと濃いですね」
と言われて、私は「そうですね、私もそう思いました、今度控えますね」
たまに薄かったときに義母に「今日はちょっと薄めですね」と言われて
「そうですね、今度は少し濃くします」と言って。
その次はは適当に味付けしたら、「美味しい」と言われてしまいました(笑)。

味付けは「感まかせ」ということは良く分かりました(笑)。
一般的には味に関して「濃い、薄い」と言われると気分的に不愉快になるかもしれないけど
私は言ってくれたほうが良いと思ってます。
それも私の「何を言われても、あまり気にしないこと」のひとつです(笑)。

主婦業を2年間経験して私が思ったのは「主婦業も仕事と同じ大変です」(笑)!!
実はそんなに苦労してないかもしれませんが、言ってみたかった(大笑)♪
posted by みんみん at 23:17| 兵庫 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

海賊版の日本のドラマ

私は日本語が聞けるようになったときから日本のドラマを見ることが好きになりました。
中国にいたときはいつも日本の友達がドラマのビデオを取ってくれて、
3ヶ月、半年ぐらいおきで送ってくれました。
本当に優しい友達と出会えて嬉しいです、そして友達に感謝しています。

ですから、今ビデオ屋さんにあるレンタルのビデオは殆ど見ました。
ビデオでドラマを見てるから、いつも一気に最後まで見てしまうことが多いです、
見終わったときにはいつも首が痛いです(苦笑)。
長い時間ずーとテレビを見るのが良くないと分かっててもどうしても
その次はどうなるのを気になって、ついつい見てしまいました(笑)。

日本のドラマは日本語で見るのが好きです。
吹き替えの場合はどうしてもニュアンスが違うので、面白くなくなりますね。
また日本語で見ると言葉の勉強にもなるしね、だから日本語で見るのが好きです。

中国は一時的に日本のドラマブームがありました、市場では海賊版のドラマがいっぱい出てます。
本当はいけないけど(苦笑)私もたまに買いに行きます。買った方のビデオは字幕です。
でもたまにドラマ中の台詞の字幕訳は意味が可笑しい時があります。
今覚えているのは木村拓哉と常盤貴子の「ビューティフルライフ」の中、
木村拓哉は髪の毛を切るときに「シャギー」を入れると言ってましたが、
字幕の訳は「詐欺」と書いてありました(笑)。字幕だけで読んだら全然意味不明でした。
あとはどのドラマ化覚えてないですが、「イベント」を「弁当」と訳したときもありました。
さすが海賊版ですから、あまり文句言えないですね(笑)。
でも日本語全然分からない人はそれを見たらどういうふうに理解するんでしょうね!?

そう言えば、中国はビデオだけの海賊版ではなく、CD、VCDなど色々あります。
中国で買った海賊版のCDは日本に持ってきたけど、再生できるのと出来ないのがありますね。確かに安かったけど、やはり品質が悪いですね!
でも、あまりにも海賊版が多すぎて本物を買おうと思ったら海賊版ではないかと
疑問を持ってしまいますね(苦笑)。
これからは多分海賊版の取り締まりが厳しくなります。これは、正しいことですね!
posted by みんみん at 23:48| 兵庫 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上司の奥さん

今日は本当に久しぶりに中国にいたとき上司の奥さんの声が聞きました。
今日の昼ごろ奥さんから電話かかってきました、久しぶりですからすごく親近感があって、色々話してて、一緒に生活してた頃に戻ったみたいです♪

私は日系企業に入ってすぐ上司の奥さんと出会いました、とても明るい方です、
私の2つ上でお姉さんみたいな存在です。
当時は奥さんが全然中国語がわからなくて、通訳がいないと本当に困るぐらいだったから、
ずーと一緒にいました。
仕事の都合で上海にいたときは同じマンションに住んでいました。
他人から見たらとても不思議なことと思いますが、実は本当に楽しい3年間でした。
あの頃住んでいたマンションは広かったので、トイレ、洗面所、お風呂みんな別々です、食事だけは一緒でした。
いつも奥さんの手料理を食べてましたので、日本の味にあのときからすっかり慣れたと思います。
普段一緒に生活してるので、日本人の考え方など細かいところまで分かるようになりました。
そのお陰で今日本での生活はほとんど困るところはありません。本当に上司夫婦に感謝してます!

あのときのことを色々思い出しますね。日本のお客さんがいらっしゃるときに上司が接待で夜いないときに奥さんと二人でいつもリビングで楽しく話してました、
たまに話しててテンションがどんどん上って声も高くなって、上司に「エレベータ降りたところから二人の声が聞こえたよ」といわれたことがあります。
そう言われたらあまり人の悪口なんか言えないですね、聞こえちゃうからね(笑)。

当時、上海で色々な日本料理屋さんが出来て、奥さんは創作料理が好きで、
いつも二人でいろんな料理屋に行ってきましたよ、今日のは美味しかったとか、
これはイマイチとか食べた後によく話しました(笑)。

最初奥さんが中国に来たとき生活環境が変わって、あまりにも慣れなくてストレスで病気になった時期がありました、
あの頃は本当に平均2週間に一回病院に通いました。
病院に行く時も私はいつも付いていきますので、上海の色々な病院を見てきました。
外国人専用の病院とか、中国の一般の人が行く病院などを見てきました。
やはり外国人専用の病院は綺麗で先生もすごく親切で(能力は良く分かりませんけどね)もちろん金額もすごく高いです。

今、色々思い出すと本当に私って恵まれてると思います。
回りの方が色々なことを教えてくれて、その方々のお陰で今の私になりました。
感謝の言葉は言い尽くせません♪でも、本当に心から感謝しています♪
posted by みんみん at 00:48| 兵庫 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

散らし寿司を作りました

今日は義母と一緒に散らし寿司を作りました。
朝から牛蒡、人参、蓮根、高野豆腐を細かく刻んで薄口醤油、砂糖、みりんと一緒に煮込みます。
彩りの為錦糸卵も作って、三度豆も湯がいて、アナゴも小さく切りました。
あ、そうそう椎茸を甘く煮込みました。一応早いですが、夕飯の用意をしました。

夕食の直前に熱いご飯に砂糖が入っているお酢と一緒に混ぜて、
上記の具も入れて混ぜて、出来上がり。
一見、簡単に出来そうですが、結構時間がかかりました。
よく考えたら日本料理は仕込みの時間は結構かかりますね。
中華料理は野菜など綺麗に処理して、料理のときには炒めてすぐできあがりですが、
日本料理はいろいろな準備は手間かかりますね。
もちろん中華料理の中でも手間かかる料理がありますけどね。

今日のお寿司は美味しく出来ましたよ。
食べながら思ったのは中国にいる両親はきっと好きじゃないと思いました。
中国にいたときに日本のカレーを作ったことがあります、
結局食べてくれたのは兄の奥さんだけでした(苦笑)。
みんなには漢方薬みたいな匂いがすると言われたことがあります。
やはりあの味にはみんな慣れてないですね(苦笑)。

私はカレーが結構好きで、たまには食べたくなります。
でも、中国の両親は日本のそうめんが好きです。
以前に日本のうどんとかを持っていたら美味しいと言ってました。
両親は麺類が好きだから、いつか日本に来る機会があったら、
他の料理は駄目だったら、麺類なら大丈夫かなぁと思ってます。
でも毎日麺類はちょっとね、その辺は考えないとね(笑)!

ところで最近の中国の若者たちは日本料理好きなひとが増えてますね。
やはり若いから新しいものをすぐ受け入れることができるからですね。
今中国は日本料理だけではなく、イタリアのピザなどを食べる人も増えました、
蘇州の繁華街にあるピザハットは本当に「行列ができる」ような店ですね(笑)。
本当に国が違うと食生活の違いが大きいですね!
posted by みんみん at 00:42| 兵庫 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

耳が遠いと言われました

私、最近なんと耳が遠くなっているようです(苦笑)。
まだ若いのにこんなに事言って良いのかしら?と思うでしょう。(笑)
今日も主人と話してて、真剣に聞いてないように思われるほど「え?何?」
と何回も聞きなおしました。一回診てもらった方がいいかもしれませんね。
はっきり聞こえないからかな、声も大きくなったと主人に言われました(笑)。

そう言えば、前中国で働いたときに、上司に「日本語を話しているときには穏やかで優しく感じますが、中国人同士で中国語を話しているときには喧嘩しているみたいで、声が大きい」と言われたことがあります。まさかあの頃から耳の調子が悪くなってたかなぁ(笑)。
でも上司に言われたことをちょっと考えました。確かに日本語は優しく聞こえますね、
それは国民性と関係があると思います。中国の人は大陸の大らかな性格ですから、
話しているうちにテンションが上がっていくと声が自然に高くなり、
外国人から見れば喧嘩に聞こえますけど、実は仲良く話しているのですよ(笑)。
でも顔の表情を見たら分かりますよね、怒ってる顔はどこの国も同じですからね。
日本の人の性格は繊細な面があるので、話しているときには穏やかな雰囲気がしますね。

日本語と中国語と違ってヨーロッパ、アメリカなど英語圏の国に人たちは
話すときに身振り手振りしながら話しますので、それを見るとなんか面白く感じますね。
たまにテレビで西洋人が日本語を話している姿を見ると面白くて見とれるときもあります。
でもどんな国の人がどんな言葉を話すのは意味が一番重要です。

話が戻りますが、耳が遠くなると長生きするという話もありますよね、
嫌なことが聞こえないから、ストレスたまらないですからね(大笑)。
私みたいに中途半端に聞こえたり、聞き間違ったりしたら、
返ってストレスが溜まりますね(笑)。やはり今度お医者さんに診てもらいます(笑)。
あ・・でも、自分に都合の良いことだけ聞こえて、悪いことは聞こえないのは
ストレスが溜まらなくて良いかもしれないですね(大笑)♪
posted by みんみん at 23:49| 兵庫 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アルク・オンラインショップ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。